総合トップ ホーム > 暮らす > 市民活動 > 国内交流事業補助金

ここから本文です。

更新日:2021年1月18日

国内交流事業補助金

安城市では、災害時の相互応援のため、国内のさまざまな自治体と協定を結んでいます。

普段から市民レベルで顔の見える交流を進めることで、いざという時の助け合いにも役立つと考えており、それぞれの都市の市民団体などと交流する活動に補助金を交付しています。

令和3年度に実施する事業(2021年4月1日~2022年3月31日)の受付の詳細については以下のとおりです。 

補助金額

補助対象経費の半額を補助します(千円未満切捨て)。

ただし、市の予算の範囲内で1団体に対する補助金は10万円を限度とします。

補助対象

対象団体

市内在住の5人以上で構成され、規約などを有し、市内で活動している団体

対象事業

災害時相互応援協定を締結した県外都市(茨城県日立市、栃木県小山市、埼玉県新座市、千葉県香取市、東京都東村山市、富山県砺波市、石川県加賀市、長野県飯田市、岐阜県多治見市、静岡県掛川市)、及び市民交流の促進に関する協定を結ぶ愛知県半田市(以下「交流都市」という)で活動する団体(以下「交流団体」という)との交流事業のうち次に掲げるもの。

  1. 対象団体が交流都市で交流団体と行う下表に定める事業
  2. 対象団体が安城市に交流団体を招いて行う下表に定める事業
  • スポーツを通じた交流
  • 音楽、演劇等を通じた交流
  • 地域振興に係る交流
  • 防災に関する意見交換会等
  • その他市長が特に認めたもの

交流事業には、市内在住者・交流地域在住者それぞれ5人以上の参加が必要です。

政治、宗教及び営利を目的とするもの、公の秩序を乱すおそれのあるものは対象外となります。

対象経費

  • 対象団体が交流都市に移動するのに要する交通費(航空運賃、鉄道のグリーン料金、タクシー料金等を除く)
  • 対象団体が交流都市に資器材を運搬するのに要する費用
  • 交流事業における会場、施設等の使用料

 

応募方法

募集期間

令和3年2月1日(月曜日)から2月25日(木曜日)まで

提出書類

以下は、申込書による審査結果後、抽選になった場合は抽選結果後にご提出いただく書類です。

各様式は市民協働課窓口でも配布しています。

提出方法

直接窓口への持参又は郵送で受け付けます。

窓口持参の場合

安城市役所市民協働課(本庁舎3階)

午前8時30分から午後5時15分まで(土曜日、日曜日、祝日、振替休日を除く)

郵送の場合

〒446-8501安城市桜町18番23号市民協働課あて

お問い合わせ

市民生活部市民協働課地域振興係
電話番号:0566-71-2218   ファクス番号:0566-76-1112