総合トップ ホーム > 暮らす > 予防接種 > 新型コロナウイルスワクチン接種について > 基礎疾患がある方の新型コロナウイルスワクチン優先接種について(12歳~15歳)

ここから本文です。

更新日:2021年7月16日

基礎疾患がある方の新型コロナウイルスワクチン優先接種について(12歳~15歳)※受付は終了しました

※受付は終了しました。市内の12歳~15歳の方に対し、7月21日(水曜日)に接種クーポン券を一斉発送しますので、届くまで今しばらくお待ちください。

12歳~15歳の基礎疾患等を有する方は、事前に申請することで、準備ができ次第順次接種クーポン券を発送します。
申請時点で11歳の場合でも申請は可能ですが、12歳の誕生日以降でないと接種を受けることはできません。
接種には、本人及び保護者の同意が必要です。申請のときも可能な限り保護者と一緒に申請をしてください。
医師の診断書は必要ありません。

申請の時期によっては、接種クーポン券が2回届くことがあります。
この場合、1回目に届いた券を使用していただき、2回目に届いた券は破棄していただくようお願いします。

対象となる基礎疾患

1から14のいずれかに該当し、病気や状態で通院または入院している人は対象となります。

  1. 慢性の呼吸器の病気
  2. 慢性の心臓病(高血圧を含む)
  3. 慢性の腎臓病
  4. 慢性の肝臓病(肝硬変など)
  5. インスリンや飲み薬で治療中の糖尿病または他の病気を併発している糖尿病
  6. 血液の病気(ただし、鉄欠乏性貧血を除く)
  7. 免疫の機能が低下する病気(治療や緩和ケアを受けている悪性腫瘍を含む)
  8. ステロイドなど、免疫の機能を低下させる治療を受けている
  9. 免疫の異常に伴う神経疾患や神経筋疾患
  10. 神経疾患や神経筋疾患が原因で身体の機能が衰えた状態(呼吸障害など)
  11. 染色体異常
  12. 重症心身障害(重度の肢体不自由と重度の知的障害とが重複した状態)
  13. 睡眠時無呼吸症候群
  14. 重い精神疾患(精神疾患の治療のため入院している、精神障害者保健福祉手帳を所持している、または自立支援医療(精神通院医療)で「重度かつ継続」に該当する場合)や知的障害(療育手帳を所持している場合)  

申請期間及び申請方法

※受付は終了しました

接種クーポン券が届いたら

かかりつけ医にワクチン接種について相談してください。
かかりつけ医がワクチン接種を行っていない場合は、個別接種を行っている医療機関へ直接予約するか、市が設置する集団接種をご予約ください。

お問い合わせ

子育て健康部健康推進課健康推進係
電話番号:0566-76-1133   ファクス番号:0566-77-1103