ここから本文です。

更新日:2020年1月15日

採血基準

採血基準

健康な方ならば、献血による身体への影響はほとんどありません。しかし、体調をくずしていたり、健康状態のよくない時に献血をすると健康を損ねる場合もあります。

献血者の健康を守るためにさまざまな基準を設けています。

 

全血献血

成分献血

200ミリリットル献血

400ミリリットル献血

血漿

血小板

1回採血量

200ミリリットル

400ミリリットル

300ミリリットル~600ミリリットル

(体重別)

400ミリリットル以下

年齢

注)16歳~69歳

注)男性17歳~69歳

注)女性18歳~69歳

 

 

注)18歳~69歳

 

 

注)男性18歳~69歳

女性18歳~54歳

 

注)65歳~69歳までの方は、60歳から64歳までの間に献血の経験がある方に限られます。

体重

男性45キログラム以上

女性40キログラム以上

男女とも50キログラム以上

男性45キログラム以上

女性40キログラム以上

最高血圧

90ミリエイチジー以上

血色素量

男性12.5グラム/デシリットル以上

女性12グラム/デシリットル以上

男性13グラム/デシリットル以上

女性12.5グラム/デシリットル以上

12グラム/デシリットル以上

(赤血球指数が標準域にある女性は11.5グラム/デシリットル以上)

12グラム/デシリットル以上

血小板数

-

-

-

15万/マイクロリットル以上

60万/マイクロリットル以下

年間採血回数

男性6回以内

女性4回以内

男性3回以内

女性2回以内

血小板成分献血1回を2回分に換算して血漿成分献血と合計で24回以内

年間総採血量

200ミリリットル献血と400ミリリットル献血を合わせて

男性1,200ミリリットル以内、女性800ミリリットル以内

-

-

献血の間隔

 

全血献血

成分献血

200ミリリットル献血

400ミリリットル献血

血漿

注)血小板

200ミリリットル献血

男女とも4週間後の同じ曜日から献血できます

400ミリリットル献血

男性は12週間後、女性は16週間後の同じ曜日から献血できます。

男女とも8週間後の同じ曜日から献血できます。

血漿成分献血

男女とも2週間後の同じ曜日から献血できます。

注)血漿を含まない場合には、1週間後の血小板成分献血が可能になります。
ただし、4週間後に4回実施した場合には次回までに4週間以上あけてください。

よくある質問

お問い合わせ

子育て健康部健康推進課健康推進係
電話番号:0566-76-1133   ファクス番号:0566-77-1103

安城市保健センター