総合トップ ホーム > 暮らす > その他の福祉 > 第10回戦没者等の遺族に対する特別弔慰金

ここから本文です。

更新日:2017年3月9日

第10回戦没者等の遺族に対する特別弔慰金

特別弔慰金とは

先の大戦で公務等のため国に殉じたもとの軍人、軍属及び準軍属の方々に思いをいたし、その遺族に対して終戦70周年という節目の特別の機会をとらえ、国として改めて弔慰の意を表すため、平成27年4月1日現在(基準日)において、遺族年金・遺族給与金等の受給権を有する遺族がいない場合に、その他の遺族に対して支給されるものです。

  • 支給額は記名国債で25万円(5万円/年×5年)です。

支給要件

  • 戦没者等の死亡当時現存していた(生まれていた)こと。(子については、死亡当時の胎児も含む)
  • 基準日(平成27年4月1日)において年金給付を受ける権利を有する遺族がいないこと。
  • 上の2つの要件を満たす者で、次の支給順位表による先順位のご遺族お一人に支給。

 

【特別弔慰金の支給順位表】

順位

対象者

支給要件

1

 

弔慰金の受給権者

弔慰金の受給権者とみなされる者を含みます。

弔慰金の受給権者が配偶者の場合は次の要件を全て満たす必要があります。

  1. 戦没者等の死亡後、遺族以外の者と事実上の婚姻関係にあって弔慰金の受給権を取得した配偶者は、弔慰金の受給権取得時に戦没者等の子、父母、孫、祖父母、兄弟姉妹がいないこと
  2. 弔慰金の受給権取得後、遺族以外の者と氏を改める婚姻又は遺族以外の者と事実上の婚姻をしていないこと

2

転給遺族

 

3

父母

次の要件を全て満たす必要があります。

  1. 戦没者等の死亡当時、戦没者等と生計関係を有していること
  2. 基準日において、遺族以外の者の養子になっていないこと
  3. 基準日において、遺族以外の者と氏を改める婚姻をしていないこと又は遺族以外の者と事実上の婚姻関係にないこと

4

5

祖父母

6

兄弟姉妹

7

父母

上記順位(3~6)から除かれた者

8

9

祖父母

10

兄弟姉妹

11

上記以外の三親等内親族

戦没者等の死亡時まで引き続き1年以上戦没者等と生計関係を有していた者で、戦没者等の葬祭を行った者

12

上記以外の三親等内親族

戦没者等の死亡時まで引き続き1年以上戦没者等と生計関係を有していた者で、戦没者等の葬祭を行わなかった者

 

お墓のおもり等をしているかどうかと、特別弔慰金の受給権利の順位は別です。

請求書等の配布

  • 安城市役所北庁舎1階社会福祉課窓口でお渡ししています。
  • 申請時に必要な書類の一覧表も、請求書と一緒にお渡しします。
  • 前回受給者の方には、平成27年7月中旬頃に案内文をお送りしました。

 

申請の受付期間

  • 平成30年4月2日まで安城市役所北庁舎1階社会福祉課窓口で申請の受付をしています。

請求書の受付から国債の交付までの期間

  • 請求書の受付から国債交付までには、半年程度かかります。愛知県における審査裁定まで約3ヶ月、審査裁定後に国債の発行手続きに約3ヶ月かかります。(平成29年3月現在で請求いただいた方の目安です。)
  • 特別弔慰金を過去に一度も請求されたことがない場合や、前回受給者から請求者が変更されている場合、請求書類に記載内容の不備や不足書類があるものは審査に時間がかかる場合があります。
  • 戦没者等の除籍時の本籍が愛知県以外の場合は、除籍時の本籍地の都道府県で審査を行うため、他の都道府県等の審査状況により、さらに時間がかかる場合がありますので、予めご承知おきください。

リンク

お問い合わせ

福祉部社会福祉課社会福祉係
電話番号:0566-71-2262   ファクス番号:0566-74-6789