ここから本文です。

更新日:2018年4月2日

サービスの種類

介護保険で利用できるサービスは

介護保険で受けられるサービスは、

  • 在宅介護を中心とした居宅サービス
  • 施設に入所してサービスを受ける施設サービス
  • 高齢者が住み慣れた地域での生活を継続することを目的とした地域密着型サービス

があります。

サービスの事業者は、「サービス事業者」をご覧ください。

居宅サービスは

  • 要支援・要介護と認定された人が利用でき、居宅サービス計画に基づき利用できます。
  • 複数のサービスを組み合わせて利用できます。
  • 要支援者については介護予防を目的とした介護予防サービスが受けられます。

自宅を訪問してもらってサービスを受けたい人は(訪問サービス)

介護予防訪問介護(要支援1・2の人)※平成29年4月より介護予防・生活支援サービス事業に移行しました。

利用者が自力では困難な行為について、同居家族の支えや地域の支え合いが受けられない場合にホームヘルパーによるサービスが受けられます。

利用料のめやす(利用者負担割合1割の場合)

 

 

 

サービス費用

利用料

要支援1・2

週1回程度の利用

1月につき

12,200円

1,220円

要支援1・2

週2回程度の利用

24,400円

2,440円

要支援2のみ

週3回程度の利用

38,600円

3,860円

【注意】

  • サービスの利用の仕方により、サービス費用の加算や実費負担が生じます。
  • 身体介護・生活援助の区分はありません。
  • 通院等のための乗車・降車等介助は利用できません。

 

訪問介護サービス(要介護1~5の人)

ホームヘルパーなどが家庭を訪問し、食事、入浴、排泄の介助や、日常生活の手助けを行います。

利用料のめやす(利用者負担割合1割の場合)

 

サービス費用

利用料

身体介護中心の場合(20分以上30分未満)

2,600円

260円

生活援助中心の場合(20分以上45分未満)

1,900円

190円

夜間(午後6時~午後10時)・早朝(午前6時~午前8時)は、25%加算

深夜(午後10時~午前6時)は、50%加算

【注意】

  • サービスの利用の仕方により、サービス費用への加算や実費負担が生じます。

 

 

サービス費用

利用料

通院等のための乗車・降車介助

1回につき

1,100円

110円

【注意】

  • 要支援の人は、利用できません。
  • 送迎にかかる費用は、別途自己負担となります。

 

介護予防訪問入浴(要支援1・2の人)

居宅に浴槽がない場合や、感染症などの理由からその他の施設における浴槽の利用が困難な場合等に限定して利用できます。

利用料のめやす(利用者負担割合1割の場合)

 

サービス費用

利用料

1回につき

8,900円

890円

【注意】

  • サービスの利用の仕方により、サービス費用への加算や実費負担が生じます。

 

訪問入浴(要介護1~5の人)

入浴設備や簡易浴槽を積んだ移動入浴車などで訪問し、入浴の介助を行います。

利用料のめやす(利用者負担割合1割の場合)

 

サービス費用

利用料

1回につき

13,100円

1,310円

【注意】

  • サービスの利用の仕方により、サービス費用への加算や実費負担が生じます。

 

介護予防訪問看護(要支援1・2の人)

訪問看護ステーションなどの看護師、保健師などが家庭を訪問して、主治医と連携をとりながら、介護予防を目的とした療養上の世話や必要な診療の補助をします。

利用料のめやす(利用者負担割合1割の場合)

 

サービス費用

利用料

1回30分未満のケース

4,000円~4,700円

400円~470円

夜間(午後6時~午後10時)・早朝(午前6時~午前8時)は、25%加算

深夜(午後10時~午前6時)は、50%加算

【注意】

  • サービスの利用の仕方により、サービス費用への加算や実費負担が生じます。


訪問看護(要介護1~5の人)

訪問看護ステーションなどの看護師、保健師などが家庭を訪問して、主治医と連携をとりながら、療養上の世話や必要な診療の補助をします。

利用料のめやす(利用者負担割合1割の場合)

 

サービス費用

利用料

1回30分未満のケース

4,200円~4,900円

420円~490円

夜間(午後6時~午後10時)・早朝(午前6時~午前8時)は、25%加算

深夜(午後10時~午前6時)は、50%加算

【注意】

  • サービスの利用の仕方により、サービス費用への加算や実費負担が生じます。

 

介護予防訪問リハビリテーション(要支援1・2の人)

介護予防を目的として理学療法士や作業療法士などが家庭を訪問してリハビリテーションを行います。

利用料のめやす(利用者負担割合1割の場合)

 

サービス費用

利用料

1回につき

3,000円

300円

【注意】

  • サービスの利用の仕方により、サービス費用への加算や実費負担が生じます。


訪問リハビリテーション(要介護1~5の人)

理学療法士や作業療法士などが家庭を訪問してリハビリテーションを行います。

利用料のめやす(利用者負担割合1割の場合)

 

サービス費用

利用料

1回につき

3,000円

300円

【注意】

  • サービスの利用の仕方により、サービス費用への加算や実費負担が生じます。

 

介護予防福祉用具貸与(要支援1・2の人)

福祉用具のうち介護予防に資するものについて貸与します。

福祉用具貸与(要介護1~5の人)

日常生活の自立を助けるための福祉用具を貸し出します。

対象品目

  • 特殊寝台
  • 特殊寝台付属品(マットレスなど)
  • 床ずれ防止用具(エアーマットなど)
  • 車いす
  • 車いす付属品
  • 手すり(設置に際し工事を伴わないものに限る)
  • 歩行器
  • 歩行補助つえ
  • 体位変換器
  • 移動用リフト(つり具部分を除く)
  • スロープ(設置に際し工事を伴わないものに限る)
  • 認知症老人徘徊感知機器
  • 自動排泄処理装置

利用料のめやす

福祉用具の貸与代金の1割又は2割が自己負担(利用料)となります。利用料は利用する福祉用具の種類により異なります。くわしくはご利用の事業者へお尋ねください。

要支援1・2の人及び要介護1の人については、車いす(付属品含む)、特殊寝台(付属品含む)、床ずれ防止用具及び体位変換器、認知症老人徘徊感知機器、移動用リフト(つり具部分を除く)は、原則として保険給付の対象となりません。

要支援1・2の人及び要介護1~3の人については、自動排泄処理装置は原則として保険給付の対象となりません。

 

日帰りで施設に通ってサービスを受けたい人は(通所サービス)

介護予防通所介護(デイサービス:要支援1・2の人)※平成29年4月より、介護予防・生活支援サービス事業に移行しました。

デイサービスセンター(日帰り介護施設)などに通い、食事や入浴などの基本的サービスや介護予防を目的とした支援が受けられます。また、その人の目標に合わせた選択的サービス(運動器の機能向上、栄養改善、口腔機能の向上、生活機能向上グループ活動など)が受けられます。

利用料のめやす(基本サービス、利用者負担割合1割の場合)

 

 

サービス費用

利用料

要支援1

1月につき

17,000円

1,700円

要支援2

34,700円

3,470円

利用料のめやす(選択サービス、利用者負担割合1割の場合)

種類

 

サービス費用

利用料

運動器機能向上加算

1月につき

2,400円

240円

栄養改善加算

1,600円

160円

口腔機能向上加算

1,600円

160円

生活機能向上グループ活動加算

1,100円

110円


通所介護(デイサービス:要介護1~5の人)

デイサービスセンター(日帰り介護施設)などに通い、食事、入浴の提供や、日常動作訓練、レクリエーションなどが受けられます。

利用料のめやす(利用者負担割合1割の場合)

要介護度や利用する施設の種類により利用料が異なります。また、利用するサービス等により、サービス費用への加算(入浴など)や実費負担(食費など)が生じます。詳しくはご利用の施設へお尋ねください。

7時間以上8時間未満(通常規模型事業所)の場合

 

 

サービス費用

利用料

要介護1

1日につき

6,700円

670円

要介護2

7,900円

790円

要介護3

9,100円

910円

要介護4

10,400円

1,040円

要介護5

11,600円

1,160円

 

介護予防通所リハビリテーション(要支援1・2の人)

医療施設や老人保健施設などに通い、理学療法士や作業療法士による介護予防を目的としたリハビリテーションなどが受けられます。また、その人の目標に合わせた選択的サービス(運動器の機能向上、栄養改善、口腔機能の向上)が受けられます。

利用料のめやす(基本サービス、利用者負担割合1割の場合)

 

 

サービス費用

利用料

要支援1

1月につき

17,700円

1,770円

要支援2

37,400円

3,740円

利用料のめやす(選択サービス、利用者負担割合1割の場合)

種類

 

サービス費用

利用料

運動器機能向上加算

1月につき

2,400円

240円

栄養改善加算

1,600円

160円

口腔機能向上加算

1,600円

160円

 

通所リハビリテーション(要介護1~5の人)

医療施設や老人保健施設などに通い、理学療法士や作業療法士によるリハビリテーションなどが受けられます。

利用料のめやす(利用者負担割合1割の場合)

要介護度や利用する施設の種類により利用料が異なります。また、利用するサービス等により、サービス費用への加算(入浴など)や実費負担(食費など)が生じます。詳しくはご利用の施設へお尋ねください。

6時間以上7時間未満(通常規模型事業所)の場合

 

 

サービス費用

利用料

要介護1

1日につき

6,900円

690円

要介護2

8,300円

830円

要介護3

9,600円

960円

要介護4

11,200円

1,120円

要介護5

12,700円

1,270円


介護する人が一時的に介護できないときに施設でサービスを受けたい人は(短期入所サービス)

介護予防短期入所生活介護(ショートステイ:要支援1・2の人)

特別養護老人ホームなどに短期間宿泊しながら介護予防を目的とした日常生活上の支援が受けられます。

利用料のめやす(利用者負担割合1割の場合)

介護老人福祉施設の場合

 

 

サービス費用

利用料

要支援1

1日につき

4,600円~5,700円

460円~570円

要支援2

5,700円~6,900円

570円~690円

【注意】

  • サービスの利用の仕方により、サービス費用への加算や実費負担が生じます。
  • 滞在費、食費、日常生活費は実費負担となります。


短期入所生活介護(ショートステイ:要介護1~5の人)

特別養護老人ホームなどに短期間宿泊しながら介護や機能訓練などを受けることができます。日常生活上の「生活介護」を受けることができます。

利用料のめやす(利用者負担割合1割の場合)

要介護度や利用する施設の種類により利用料が異なります。また、利用するサービス等により、サービス費用への加算(送迎など)や実費負担が生じます。詳しくはご利用の施設へお尋ねください。

介護老人福祉施設の場合

 

 

サービス費用

利用料

要介護1

1日につき

6,100円~7,500円

610円~750円

要介護2

6,800円~8,200円

680円~820円

要介護3

7,500円~9,000円

750円~900円

要介護4

8,200円~9,700円

820円~970円

要介護5

8,900円~10,300円

890円~1,030円

【注意】

  • 滞在費、食費、日常生活費は実費負担となります。

 

介護予防短期入所療養介護(ショートステイ:要支援1・2の人)

老人保健施設などに短期間宿泊しながら日常生活上の支援や機能訓練などを受けることができます。

利用料のめやす(利用者負担割合1割の場合)
介護老人保健施設の場合

 

 

サービス費用

利用料

要支援1

1日につき

5,900円~6,900円

590円~690円

要支援2

7,300円~8,500円

730円~850円

【注意】

  • 滞在費、食費、日常生活費は実費負担となります。


短期入所療養介護(ショートステイ:要介護1~5の人)

老人保健施設などに短期間宿泊しながら介護や機能訓練などを受けることができます。医療上のケアを含む「療養介護」を受けることができます。

利用料のめやす(利用者負担割合1割の場合)

要介護度や利用する施設の種類により利用料が異なります。また、利用するサービス等により、サービス費用への加算(送迎など)や実費負担が生じます。詳しくはご利用の施設へお尋ねください。

介護老人保健施設の場合

 

 

サービス費用

利用料

要介護1

1日につき

7,600円~9,700円

760円~970円

要介護2

8,100円~10,500円

810円~1,050円

要介護3

8,700円~11,700円

870円~1,170円

要介護4

9,200円~12,500円

920円~1,250円

要介護5

9,700円~13,200円

970円~1,320円

【注意】

  • 滞在費、食費、日常生活費は実費負担となります。

 

特定短期入所療養介護

難病やがん末期等の要介護者を対象とした短期入所療養介護です。

利用料のめやす(利用者負担割合1割の場合)

要介護度や利用する施設の種類により利用料が異なります。また、利用するサービス等により、サービス費用への加算(送迎など)や実費負担が生じます。詳しくはご利用の施設へお尋ねください。

4時間以上6時間未満の場合

  サービス費用 利用料

1日につき

9,300円 930円

【注意】

  • 滞在費、食費、日常生活費は実費負担となります。

 

介護予防福祉用具購入費の支給

排泄や入浴に使われる用具のうち介護予防に役立つ用具の購入費を支給します。なお、福祉用具販売の指定事業所での購入に限られます。

対象品目

  • 腰掛け便座
  • 移動用リフトのつり具
  • 入浴補助用具
  • 簡易浴槽
  • 自動排泄処理装置の交換可能部品

利用料のめやす

特定の福祉用具を購入された金額(限度額は年度ごとに10万円)の9割又は8割を、その後の申請により支給(償還払い)します。(平成19年度から受領委任により1割又は2割で購入することも可能となりました。)

10万円を超えた額は全額自己負担となります。

 

 

 

福祉用具購入費の支給

排泄や入浴に使われる用具の購入費を支給します。なお、福祉用具販売の指定事業所での購入に限られます。

対象品目

  • 腰掛け便座
  • 移動用リフトのつり具
  • 入浴補助用具
  • 簡易浴槽
  • 自動排泄処理装置の交換可能部品

利用料のめやす

特定の福祉用具を購入された金額(限度額は年度ごとに10万円)の9割又は8割を、その後の申請により支給(償還払い)します。(平成19年度から受領委任により1割又は2割で購入することも可能となりました。)

10万円を超えた額は全額自己負担となります。

 

介護予防住宅改修費の支給

介護予防に役立つ手すりの取り付けや段差の解消などの小規模な改修の費用を支給します。なお、住宅改修は事前の届出が必要です。

対象となる工事

  • 手すりの取付け
  • 段差の解消
  • 滑り防止のための床材の変更
  • 引き戸への扉の取替え
  • 和式から洋式への便器の取替え

利用料のめやす

対象となる工事費用(限度額は20万円)の9割又は8割を、その後の申請により支給(償還払い)します。
なお、介護保険制度と併用して、市単独による住宅改修費の助成制度(人にやさしい住宅リフォーム費助成:上限10万円)があります。(平成19年度から受領委任により1割又は2割で改修することも可能となりました。)

 

 

住宅改修費の支給

家庭で手すりの取り付けや段差の解消などの小規模な改修の費用を支給します。なお、住宅改修は事前の届出が必要です。

対象となる工事

  • 手すりの取付け
  • 段差の解消
  • 滑り防止のための床材の変更
  • 引き戸への扉の取替え
  • 和式から洋式への便器の取替え

利用料のめやす

対象となる工事費用(限度額は20万円)の9割又は8割を、その後の申請により支給(償還払い)します。
なお、介護保険制度と併用して、市単独による住宅改修費の助成制度(人にやさしい住宅リフォーム費助成:上限10万円)があります。(平成19年度から受領委任により1割又は2割で改修することも可能となりました。)

 

 

事前にケアマネジャーまたは市高齢福祉課へ相談しましょう。

その他の居宅サービス

介護予防居宅療養管理指導(要支援1・2の人)

医師・歯科医師・薬剤師などが家庭を訪問して、介護予防を目的とした療養上の管理や指導を行います。

利用料のめやす(利用者負担割合1割の場合)

医師・歯科医師による場合

 

サービス費用

利用料

1回につき(月2回を限度)

5,100円

510円

【注意】

  • サービスの利用の仕方により、サービス費用への加算や実費負担が生じます。

 

居宅療養管理指導(要介護1~5の人)

医師・歯科医師・薬剤師などが家庭を訪問して、医学的な管理や指導を行います。

利用料のめやす(利用者負担割合1割の場合)

医師・歯科医師による場合

 

サービス費用

利用料

1回につき(月2回を限度)

5,100円

510円

【注意】

  • サービスの利用の仕方により、サービス費用への加算や実費負担が生じます。

 

介護予防特定施設入居者生活介護(要支援1・2の人)

有料老人ホームなどに入居して、介護予防を目的とした日常生活上の支援が受けられます。

利用料のめやす(利用者負担割合1割の場合)

 

 

サービス費用

利用料

要支援1

1日につき

1,900円

190円

要支援2

3,200円

320円

【注意】

  • 居住費、食費、日常生活費は実費負担となります。


特定施設入居者生活介護(要介護1~5の人)

有料老人ホームなどに入居して、食事、入浴、排泄など介護サービスや日常生活上の世話などが受けられます。

利用料のめやす(利用者負担割合1割の場合)

 

 

サービス費用

利用料

要介護1

1日につき

5,500円

550円

要介護2

6,200円

620円

要介護3

6,900円

690円

要介護4

7,600円

760円

要介護5

8,300円

830円

【注意】

  • 居住費、食費、日常生活費は実費負担となります。

 

施設サービスは

  • 介護保険で利用できる施設サービスは3種類あります。
  • 治療が中心か、介護が中心か、またどの程度医療上のケアが必要かなどによって入所する施設を選択します。
  • 要介護と認定された人が利用できます。介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)については原則として要介護3以上の人が利用できます。

施設サービス

介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)

食事や排泄などで常時介護が必要で、自宅では介護が困難な高齢者が入所します。食事、入浴、排泄など日常生活の介助、機能訓練、健康管理などが受けられます。

介護老人保健施設(老人保健施設)

病状が安定し、自宅へ戻れるようリハビリに重点を置いたケアが必要な高齢者が入所します。医学管理下での介護、機能訓練、日常生活の介助などが受けられます。

介護療養型医療施設(療養病床等)

介護体制の整った療養病床等に長期療養の必要な高齢者が入院して、医療、療養上の管理、看護などが受けられます。

施設サービスの1か月の利用料のめやす(利用者負担割合1割の場合)

施設の種類

自己負担額

介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)

18,000円~31,000円

介護老人保健施設(老人保健施設)

22,000円~39,000円

介護療養施設(療養病床等)

18,000円~41,000円

介護医療院 19,000円~42,000円

【注意】

  • 金額は要介護状態区分や施設の人員基準に応じて異なります。この他に居住費、食費及び日常生活費の負担があります。

 

地域密着型サービスは

  • 介護が必要になっても、高齢者が住み慣れた地域で生活が続けられるよう、身近な生活圏域ごとにサービスを提供します。

 

地域密着型サービス

定期巡回・随時対応型訪問介護看護(要介護1~5の人)

日中・夜間を通じて、定期巡回や緊急時など必要に応じて随時訪問を行います。介護と看護が連携を図り、ヘルパーによる入浴、

排せつの介護や、看護職員による療養上の世話や診療の補助などを行います。

 

 

サービス費用

利用料

要介護1

1月につき

59,100円

5,910円

要介護2

10,5400円

10,540円

要介護3

17,5000円

17,500円

要介護4

221,400円

22,140円

要介護5

267,700円

26,770円

 

 

看護サービス利用あり

 

 

 

サービス費用

利用料

要介護1

1日につき

86,200円

8,620円

要介護2

134,600円

13,460円

要介護3

205,500円

20,550円

要介護4

253,300円

25,330円

要介護5

306,800円

30,680円

地域密着型通所介護(デイサービス:要介護1~5の人)

デイサービスセンター(日帰り介護施設)などに通い、食事、入浴の提供や、日常動作訓練、レクリエーションなどが受けられます。

利用料のめやす(利用者負担割合1割の場合)

要介護度や利用する施設の種類により利用料が異なります。また、利用するサービス等により、サービス費用への加算(入浴など)や実費負担(食費など)が生じます。詳しくはご利用の施設へお尋ねください。

7時間以上8時間未満の場合

 

 

サービス費用

利用料

要介護1

1日につき

7,600円

760円

要介護2

9,000円

900円

要介護3

10,400円

1,040円

要介護4

11,800円

1,180円

要介護5

13,200円

1,320円

 

療養通所介護(要介護1~5の人)

難病やがん末期等の要介護者を対象としたデイサービスです。

利用料のめやす(利用者負担割合1割の場合)

利用する施設の種類により利用料が異なります。また、利用するサービス等により、サービス費用への加算(入浴など)や実費負担(食費など)が生じます。詳しくはご利用の施設へお尋ねください。

 6時間以上8時間未満の場合

 

サービス費用

利用料

1日につき

15,600円 1,560円

 

介護予防認知症対応型通所介護(デイサービス:要支援1・2の人)

認知症の高齢者が、デイサービスセンター(日帰り介護施設)に通い介護予防を目的とした入浴の提供や、日常動作訓練、レクリエーションなどが受けられます。

利用料のめやす(利用者負担割合1割の場合)

利用する施設の種類により利用料が異なります。また、利用するサービス等により、サービス費用の加算や実費負担(食費など)が生じます。詳しくはご利用施設へお訪ねください。

7時間以上8時間未満の場合

 

 

サービス費用

利用料

要支援1

1回につき

8,000円

800円

要支援2

89,00円

890円

 

認知症対応型通所介護(デイサービス:要介護1~5の人)

認知症の高齢者が、デイサービスセンター(日帰り介護施設)に通い、食事、入浴、日常動作訓練やレクリエーションなどが受けられます。

利用料のめやす(利用者負担割合1割の場合)

利用する施設の種類により利用料が異なります。また、利用するサービス等により、サービス費用の加算や実費負担(食費など)が生じます。詳しくはご利用施設へお訪ねください。

7時間以上8時間未満の場合

 

 

サービス費用

利用料

要介護1

1日につき

9,200円

920円

要介護2

10,200円

1,020円

要介護3

11,200円 1,120円

要介護4

12,200円

1,220円

要介護5

13,100円

1,310円

 

介護予防認知症対応型共同生活介護(グループホーム:要支援2の人)

介護が必要な認知症高齢者が5~9人で共同生活をし、家庭的な雰囲気の中で食事、入浴、排泄など日常生活の支援や機能訓練などの介護予防を目的とするサービスが受けられます。

利用料のめやす(利用者負担割合1割の場合)

 

 

サービス費用

利用料

要支援2

1日につき

7,800円

780円

【注意】

  • 居住費、食費、日常生活費は実費負担となります。

 

認知症対応型共同生活介護(グループホーム:要介護1~5の人)

介護が必要な認知症高齢者が5~9人で共同生活をし、家庭的な雰囲気の中で食事、入浴、排泄など日常生活の支援や介護、機能訓練などが受けられます。

利用料のめやす(利用者負担割合1割の場合)

要介護度により利用料が異なります。

 

 

サービス費用

利用料

要介護1

1日につき

7,800円

780円

要介護2

8,200円

820円

要介護3

8,400円

840円

要介護4

8,600円

860円

要介護5

8,800円

880円

【注意】

  • 居住費、食費、日常生活費は実費負担となります。

 

介護予防小規模多機能型居宅介護(要支援1・2の人)

通所を中心に、利用者の選択に応じて訪問系のサービスや泊まりのサービスを組み合わせ、多機能な介護予防を目的としたサービスを受けられます。

利用料のめやす(利用者負担割合1割の場合)

 

 

サービス費用

利用料

要支援1

1月につき

35,200円 3,520円

要支援2

71,100円 7,110円

【注意】

  • 宿泊費、食費、日常生活費は実費負担となります。

 

小規模多機能型居宅介護(要介護1~5の人)

通所を中心に、利用者の選択に応じて訪問系のサービスや泊まりのサービスを組み合わせ、多機能な介護サービスを受けられます。

利用料のめやす(利用者負担割合1割の場合)

 

 

サービス費用

利用料

要介護1

1月につき

106,700円 10,670円

要介護2

156,700円 15,670円

要介護3

227,900円 22,790円

要介護4

251,600円 25,160円

要介護5

277,400円 27,740円

【注意】

  • 宿泊費、食費、日常生活費は実費負担となります。

 

よくある質問

お問い合わせ

福祉部高齢福祉課介護給付係
電話番号:71-2226