ここから本文です。

更新日:2016年3月28日

加入者

介護保険は、原則40歳以上の人が全員加入します。介護保険加入者は年齢によって、第1号被保険者(65歳以上)と第2号被保険者(40歳~64歳)の2種類に分かれ、介護サービスの支給条件や介護保険料の納め方などが異なります。

区分

第1号被保険者

第2号被保険者

対象者は

65歳以上の人

40歳から64歳で、医療保険に加入している人

サービスを受ける条件は

原因を問わず、日常生活で介護や支援が必要となった場合に、要介護(要支援)認定を受けてからサービスが利用できます。

加齢による16種類の特定疾病により介護や支援が必要と認められた場合に、要介護(要支援)認定を受けてからサービスが利用できます。

介護保険証の交付は

全員に交付されます。新しく65歳になる人には、誕生日の前月に郵送で交付されます。

介護サービスを受けるために必要な要介護(要支援)認定を受けた人などに交付されます。


介護保険料は

被保険者の所得に応じて、12段階で定められます。年額18万以上の老齢基礎年金、退職年金、障害年金及び遺族年金受給者は年金から天引き、それ以外の人は市へ個別納付となります。

加入している医療保険から医療保険分と介護保険分の保険料を納めます。納付方法及び保険料は医療保険によって異なります。

よくある質問

お問い合わせ

福祉部高齢福祉課介護給付係
電話番号:71-2226