総合トップ ホーム > よくある質問 > 福祉・介護・医療 > 進行性筋萎縮症に該当するのはどんな場合ですか?

ここから本文です。

更新日:2019年9月3日

進行性筋萎縮症に該当するのはどんな場合ですか?

ご質問

進行性筋萎縮症に該当するのはどのような場合ですか?

回答

身体障害者手帳の手帳の障害名が以下の場合です。
・脊髄性進行性筋萎縮症
・末梢神経性進行性筋萎縮症
・進行性筋ジストロフィー症
・筋萎縮性側索硬化症(家族性を含む)
・球脊髄性筋萎縮症
・顔面肩甲上腕型筋ジストロフィー
・ミトコンドリア脳筋症
・遠位型ミオパチー
・遠位型筋ジストロフィー
・頚椎症性筋萎縮症
・シャルコー・マリー・トゥース病
・べスレム型ミオパチー
・筋強直性(筋緊張性)ジストロフィー
・肢帯型筋ジストロフィー
・眼咽頭型筋ジストロフィー
・デュシャンヌ型筋ジストロフィー

お問い合わせ

福祉部国保年金課医療係
電話番号:0566-71-2232