総合トップ ホーム > 暮らす > 福祉・介護・医療 > 福祉医療費助成方法の変更

ここから本文です。

更新日:2016年10月24日

福祉医療費の助成方法変更について

精神障害者医療費(全疾病)助成の入院医療費と、後期高齢者福祉医療費助成のうち自立支援医療(精神通院)の通院医療費の助成方法を償還払い(現金給付)から現物給付に変更しました。

対象者

精神障害者医療費(全疾病)

  • 精神障害者保健福祉手帳1・2級保持者の方

後期高齢者福祉医療費

  • 自立支援医療(精神通院)の受給者証をお持ちの75歳以上の方

変更日

  • 平成28年11月1日 診療分から

変更内容

精神障害者医療費(全疾病)の入院費助成

   <変更前>   <変更後>

    償還払い →  現物給付

後期高齢者福祉医療費の助成のうち精神通院

   <変更前>   <変更後

    償還払い →  現物給付

 

※償還払い:病院でいったん自己負担額を支払い、後で市に請求して現金給付を受けるもの。

※現物給付:病院で受給者証を提示することにより自己負担額が無く医療を受けることができるもの。(市への請求は不要)

        (県外受診の場合は、償還払い)

対象者の方について

対象者には10月下旬に、平成28年11月1日から有効の受給者証を交付しました。

 

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉部国保年金課医療係
電話番号:0566-71-2232   ファクス番号:0566-76-1112