総合トップ ホーム > 暮らす > 防災・防犯・交通安全 > 新型コロナウイルス感染症関連情報 > コロナ禍の自宅療養に備えた食料等の備蓄について

ここから本文です。

更新日:2021年9月24日

コロナ禍の自宅療養に備えた食料等の備蓄について

自宅療養等に備えて食料等の備蓄をお願いします

 市民の皆様には地震などの災害時のための食料等の備蓄をお願いしておりますが、新型コロナウイルス感染症の自宅療養に備えた食料等の備蓄もあわせてお願いします。

 新型コロナウイルス感染症により自宅療養や自宅待機となった場合、買い物などで外出することができなくなります。自宅療養等に備え、各家庭で2週間分を目安とした食料や日用品の備蓄をお願いします。

 備蓄1        

  

食品備蓄の第一歩は「ローリングストック法」がおすすめ

 「日常食品」は、普段の食品を少し多めに買い足しておき、賞味期限を考えて古いものから使い、使った分を買い足すことで、常に一定量の食品が家庭で備蓄されている状態を保つ、「ローリングストック法」をおすすめします。

  災害時用の備蓄は、炭水化物が多くなり、たんぱく質やビタミン類が不足するなど、栄養が偏りがちです。栄養バランスを考えて日々の食品を選ぶことは非常時の備えとしても大切です。

 ストック2

 

自宅療養・自宅待機のために用意しておくもの

 新型コロナウイルス感染症対策に係る、ご自宅でお過ごしいただく場合の備蓄品リスト(一例)を作成しましたので、ご覧ください。食品以外の日用品などの備蓄もお忘れなく。

 

自宅療養期間中に備蓄が不足した場合などは

 県や市の自宅療養支援サービス等をご利用ください。

 

コロナ禍における災害対策

 新型コロナウイルス感染症の感染拡大が起きている中、もし風水害や地震が発生したらどうすればいいのでしょうか。事前の備えの参考としてご活用ください。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市民生活部危機管理課コロナ対策係
電話番号:0566-71-2220   ファクス番号:0566-71-2295