ここから本文です。

更新日:2017年4月25日

第1回目(4月22日)の様子

 一坪農園での春夏野菜づくりは、今回が3回目になります。7月末の収穫完了まで皆さんと楽しく進めてまいります。

 本日の作業ですが、今回栽培する全ての野菜の苗を植えつけます。圃場には、各区画ごとにマルチといって雑草防止・土壌の水分保持と保温といった効果が期待できる黒色のポリエチレンフィルムが張ってあります。

全体説明の様子   植え付けの説明   

 狭い圃場で多くの方々が作業を行うため、効率よく作業が進められるように各区画に割り振った番号の「奇数組」と「偶数組」に分かれて別々の作業から行って頂きます。

 

苗の植え付け1    植え付けの様子2   植え付けの様子3

 全体説明を受けた後、「奇数組」はミニトマト・ナス・ピーマン・キュウリ・エダマメの苗から植え付けます。「偶数組」は少し離れた場所に設けた畝にトウモロコシの苗から植えつけます。それぞれの植え付け方法の説明を聞いてから作業に入りました。

  マルチには苗を植えつける位置に穴が開けてあります。決められた位置に苗を配置し、植付していきます。エダマメ以外の苗には風で倒れないように竹串の添え木を施し、紐で結んで置きました。さらに肥料等のビニール袋を再利用した行灯(あんどん)を設置しました。

 

トウモロコシ1   トウモロコシ2   トウモロコシ3

 トウモロコシの植え付けです。区画番号が付けられた竹串の後ろに1組あたり8本の苗を植えつけました。植えつけた苗を中心に指で半径10cm程度の水鉢を設け、たっぷりと水遣りを行って完了です。

 

植え付け後の全景1   植え付け後の全景2

 

 作業が終わった一坪農園の全景です。次回(第2回目)は2週間後の5月6日の土曜日です。

お問い合わせ

安城市アグリライフ支援センター
電話番号:0566-92-6200
ファクス番号:0566-92-6122