ここから本文です。

更新日:2017年2月14日

第6回目(11月26日)の様子

 前回から一月余りが経過し、野菜たちは生育の早いものから徐々に収穫出来るほど育ってきました。

 一坪農園の講座としては、今回の6回目で終了します。

 今日は予定通りジャガイモの収穫を行いました。秋の長雨や日照不足から生育にバラツキが目立ち、残念ながら収穫量はやや少なめです。

 それでも、子供さん達は、始めて自分で収穫したジャガイモを嬉しそうに収穫ケースに入れていました。持ち帰って味わってください。

 

 ※ 今回は、写真が無くて申し訳ございません。

 

 

 

  最後に、大きく育ってきた農園の野菜たちを見ながら、草取りを行って本日の作業を終わりました。お疲れ様でした。

 皆さんにお集まりいただく講座は今回で終了ですが、 今後は、各自の判断で収穫を行っていただきますが、翌年の1月16日を一坪農園の最終日とさせていただきます。

 この間の管理は当センターで行っていきます。

 尚、野菜への農薬散布は出来る限り控えますが、病害虫の発生等でやむを得ず行う場合があります。その際には、「いつ・どの野菜に・どの農薬を使い・いつまで収穫が出来ないか」が分かるように表記した立て看板を設置しておきますので、農園にお越しの際には、この看板を確認してから収穫して下さい。

 これから、つぎつぎと収穫出来るようになって来るかと思いますが、同じ野菜でも生育に個体差があり、収穫時期にバラツキがあります。収穫時期が来ましたら当センターから連絡させていただく予定ですが、皆さんも出来るだけ都合をつけてお越しいただき、ご自分の目で生育状況を確かめながら計画的に収穫を行っていただき、新鮮な野菜を味わってください。

 休館日の月曜日以外は、収穫用の器材を貸し出します。また、野菜に関するご質問等もお受けしますのでお気軽にお越しください。

 

  アグリライフ支援センターでは、一坪農園以外にもいろいろな講座を用意して皆さんをお待ちしていますので、また当センターへお越しくださいませ。

お問い合わせ

産業振興部農務課農政係
電話番号:0566-71-2233   ファクス番号:0566-76-1112