ここから本文です。

更新日:2015年10月29日

第5回目(10月24日)の様子

 一坪農園の第5回目です。10月に入ってから雨がほとんど降りません。お日さまがあたるのは作物にとっていいことなのですが、雨が降らず土に水がたまらないというのはちょっとかわいそうです。

 本日の作業は、草とり、中耕、肥料やり、ニンジンの間引きです。

 1中耕2015.10.24 2中耕2015.10.24 3中耕2015.10.24

 前回同様で、2週間の間に雑草がまた生えてきました。どこからともなくやってくる雑草は、固い土にしっかりと根を下ろしています。根ごと取り去りたいところですが、なかなか難しい・・・。雨が降らない影響を一番感じた作業だったかもしれません。草取りが終わったら、全体を中耕します。慣れた作業とはいえ、前回同様、土の固さに苦労させられました。本当に固いのです。ネジリ鎌のとがっている方を、力を入れて土に刺さないと柔らかくなりません。柔らかくなるというのは、それまで固まっていた土がほぐれるということで、つまり、土中に空間ができて根が伸びやすくなってきます。白菜ゾーンは葉が大きくなって、地面を覆うほどです。その覆われている地面さえかなり固い状態なので、地面がむき出しになっている他の野菜ゾーンの固さがどれほどのものか・・・。今回の肥料やりはニンジンと白菜、中身は同じで、量は白菜の方が多めです。中耕したそれぞれの畝に均等にまいて土をかぶせておきました。

 4ニンジン間引き2015.10.24 5ニンジン間引き2015.10.24 6ニンジン間引き2015.10.24

 そして、ニンジンの間引き。間引き作業自体は前回やったダイコンと同じ方法です。葉の根元を見て、密になっているところのニンジンを一定間隔になるように葉を上に引っ張り、抜いていきます。葉の下にはニンジンの赤ちゃんが!!ニンジンって細く長い根があって、それが段々太くなっていき、そして、最初からあのニンジン色をしているのですね。ニンジンの発芽率は各区画でバラバラだったため、たくさん間引きした方もいれば、間引きしなかった方もいました。発芽本数は十分にあるので、どの区画でも10本程度のニンジンは収穫できると思います。今から楽しみですね。

 今回の作業はこれで終了です。参加者の皆さま、お疲れ様でした。次回は11月7日で最終回です。この日の開催は午後1時30分からなので、気をつけてお越しくださいね。

 

   ← 第4回目(10月10日)の様子 に戻る     第6回目(11月7日)の様子 に進む →

お問い合わせ

産業振興部農務課農政係
電話番号:0566-71-2233   ファクス番号:0566-76-1112