ここから本文です。

更新日:2015年10月9日

第3回目(9月26日)の様子

 一坪農園の第3回目です。前年度と比べて順調で、雑草がとても少ないように感じます。昨年度の作業のとっかかり、または事前作業は草とりでしたが、今年度は事前作業をすることもそうなく、ちょっとだけ楽な感じです。

 1中耕風景2015.9.26 2中耕風景2015.9.26

 本日の作業は、ダイコンとラディッシュ以外の野菜の中耕と肥料やりです。中耕は「ちゅうこう」と読みます。作物が育つ途中で植わっている周辺を軽く耕すことで、肥料を土に混ぜ込んで効果が出やすくしたり、土そのものをやわらかくし、根を伸びやすくしたりするのが目的です。ネジリ鎌(正式名称は違うかもしれません・・・)で作物の周りを軽く耕します。ネジリ鎌とは、刃の根元がねじってある片手で持てる小さな鎌で、草とりなどでも使うものです。その刃を土にざっくざっくと、耕すというよりは刺すようにして土をやわらかくします。あまり作物に近いところでは根を傷つけてしまうかもしれないので、傷つけない程度の距離で中耕しました。距離の加減が難しいですね。

 3肥料やり2015.9.26 4肥料やり2015.9.26

 中耕の後はニンジン、白菜、キャベツそしてブロッコリーへの肥料やりです。作物が違えば、肥料の何らかが違います。今回は中身が同じですが、量が違うのです。少ない順に、ニンジン→キャベツ=ブロッコリー→白菜。現段階での作物の大きさの順とも言えそうなものですね。ニンジン、キャベツ、ブロッコリーは植わっている南側に、白菜は中央に、それぞれ畝の端から端まで均等になるようにまき、軽く土と混ぜます。今後、もう片方だったり、両端だったりに肥料やりをする予定です。

 本日の作業はこれで終了です。参加者の皆さま、お疲れ様でした。ラディッシュが来週中に収穫適期を迎えそうです。できれば来週中に収穫してくださいね。

 次回は10月10日です。肥料やりとダイコンの間引き(まびき)をやる予定です。

 

   ← 第2回目(9月12日)の様子 に戻る     第4回目(10月24日)の様子 へ進む →

お問い合わせ

産業振興部農務課農政係
電話番号:0566-71-2233   ファクス番号:0566-76-1112