ここから本文です。

更新日:2015年3月29日

第4回目の様子(10月18日)

 まずは、謝罪から・・・。更新が遅くなってしまい申し訳ありません。

 

 気を取り直して。第4回目の一坪農園、きれいな秋晴れです。この日の作業は、ニンジンの肥料やり、各野菜の土寄せ、ダイコンの間引き、ブロッコリー支柱ひもの付け替え、草とり、水やりです。今回も作業が多い!!と思われましたが、案外あっさりと作業は終了しました。作業に慣れ、手早くなってきたのでしょう。

 

 当初、ニンジンの間引きをやる予定でしたが、発芽率が低くて間引きするほどではありません。ので、今回のニンジンに関する作業は肥料やりです。使用する肥料はチッソとカリウムが含まれたもので、小皿の1/4程度。まずニンジンの芽のまわりの土をねじり鎌で刺して柔らかくします。そこに肥料を等分にまき、肥料がかぶるようにニンジンの根元に土を寄せます。土寄せ作業はすでに何度かやっているので、慣れたものです。他の野菜の土寄せとともに、ささっと終えている様子でした。ちなみに、作物にあげる肥料はチッソ、リン酸、カリウムが重要で、作物やあげるタイミングによって肥料が変わります。チッソは葉の、リン酸は花や実の、カリウムは根の生長を助けると言われています。ニンジンは「根」を食べる野菜なので、リン酸はなくとも大丈夫だと考えてこの肥料を選びました。この肥料が効いて、ニンジンがどんどん大きくなってくれることを願います。

 ニンジンの説明 その他野菜の作業 

 

 前回も間引きしたダイコンですが、2週間で葉がぎゅうぎゅうにこみ合ってきました。ニンジンもこれくらいの割合で発芽し大きくなってくれればいいのに、と思いながらの作業です。前回と同じように小さめの芽を、芽と芽の間隔が10cm程度になるように引き抜きます。引き抜いた葉の下には、細くて長いダイコンのようなものが!!もったいないように感じますが、ダイコンを大きくするためです。抜いたものは、塩漬けや菜飯に利用できるので、ぜひ味わってください。

 ダイコン間引きその2 ダイコン間引きその3

 

 前回、台風対策で立てたブロッコリーの支柱は、見事に役目を果たしてくれました。2回も台風がきたにもかかわらず、1本も折れることなく、すくすくと生長中。生長した分、支柱と苗を結ぶひもを上のほうへ結びなおさねばならない状態です。作業としては、結んであったひもをほどき、上のほうに結びなおすだけなのですが、意外に面倒。まず、ビニールひもが裂けてうまくほどけず、そして、どのあたりで結びなおせばよいのやら・・・。新しいひもを準備しておくべきでしたね。でも、もしまた台風がきたとしても、これで大丈夫でしょう!!最後に草とりと水やりをやって、今日の作業は終了です。今日は、おやつ付。蒸かしたサツマイモを1切れずつ食べて解散しました。参加者の皆さん、お疲れ様でした。

 支柱の作業 水やり

 

 次回は11月1日(土)です。ジャガイモの肥料やり、ニンジンの間引き(今度こそ?)をやる予定です。

 

 ← 一坪農園の今~その2~ に戻る     第5回目の様子 へ進む →

お問い合わせ

産業振興部農務課農政係
電話番号:0566-71-2233   ファクス番号:0566-76-1112