ここから本文です。

更新日:2015年3月29日

一坪農園の今~その2 10月14日~

 不定期にお知らせする一坪農園の今、第2回目です。

 

 先週、今週と2週続けて台風がきました。ほぼ直撃でしたが、作物は被害を受けることなく無事に育っています。吹き返しの強風で傷つかないかが、今一番の心配です。

 

 さて、前回の講習から10日経ち何がどのように育っているのか、気になりますね。この10日でずいぶんと様相が変わって畑らしくなってきましたよ~。

 全体図

 

 顕著なのがキャベツとジャガイモです。キャベツは「苗が大きくなってきた」から、「キャベツっぽくなってきた」感じがします。キャベツの丸まりが分かるようになってきました。下の方の葉がずいぶん大きくて、キャベツゾーンはぎゅうぎゅうな状態です。大きさに差がありますが、枯れてしまった苗は1つもなく、今のところ虫もあまりいないようで、とても順調です。

 キャベツの巻き キャベツ全体

 

 ジャガイモは、ほぼ全部芽が出てきました。発芽時期に2週間以上の差があるため、芽の大きさにずいぶんと違いがあります。あ、発芽が遅かったからといってジャガイモができない、というわけではありませんので、ゆっくり見守ってくださいね。

 ジャガイモの差

 

 ダイコンやニンジンも様変わりしています。ダイコンは間引きしたにもかかわらず(間引きしたから?)、葉がもさもさで、きゅうくつに見えるほど大きくなりました。前回間引きしたときと比べ、一目でダイコンだと分かる葉です。次回かその次の回でもう一度間引きする必要がありそうです。前まで3cm程度だったニンジンの芽は、7cmほどまで大きくなり、これもまたニンジンだと分かる葉になってきました。次回間引きする際には、小さなニンジンらしきものが土の中にできていることでしょう。

 ダイコンのもさもさ ニンジンの成長 

 

 この台風で最も心配したのは、ブロッコリーでした。区画に植わっている野菜の中で1番背が高いため強風の影響をもろに受けるからです。前回立てた支柱の効果か、思っていたほどの風ではなかったのか、私たちが思っているよりブロッコリーが強いのか、折れたり傷ついたりした苗は1つもありませんでした。

  ブロッコリーへの向かい風

 

 台風の影響があまりなく、ホッとしました。実はセンター内で台風対策をしながら、ブロッコリーが折れるかも、とか、ダイコンの葉がちぎれるかも、とか、出芽していないジャガイモの種イモが地中で腐るかも、と心配がつきませんでした。目にみえる被害がなくて本当によかったです。

 

 次回10月18日は午後から、ニンジンの間引きと肥料やり、ブロッコリーの管理、草とりなどをやる予定です。いつもと時間が違うので、間違えないようにお越しください。

 

 ← 第3回目の様子 に戻る    第4回目の様子 へ進む →

お問い合わせ

産業振興部農務課農政係
電話番号:0566-71-2233   ファクス番号:0566-76-1112