ここから本文です。

更新日:2017年5月25日

第3回目(5月20日)の様子

 今日は、午前中に「親子さつまいも植付体験」を行ったため、午後1時30分からの開始です。1回目に苗を植付けてから4週間が経過しました。生育状況の個体差は有りますが、概ね順調に育ってきています。

 始めに生育状況の報告と今日の作業内容およびコンパニオンプランツの説明を行いました。コンパニオンプランツとしては色んな植物がありますが、一緒に植付けることで、お互いの生育によい影響を与え、共栄・共存しあう植物をさします。今回は、ミニトマトの横にマリーゴールド、ナスとピーマンの横にパセリを植付けます。

 作業は、ミニトマト・ナス・ピーマン・キュウリの追肥から始めました。追肥は、前回に撤去した行灯(あんどん)の竹串の抜き跡の穴(4箇所)を利用し、どちらかの対角線(2箇所)の穴に化成肥料(8号)を撒きました。

3説明1 3ミニトマト2   3ミニトマト1

 

 ミニトマトは誘引と脇芽の摘み取り、ナスとピーマンは一番花より下の脇芽の摘み取り、キュウリは根元から5~6葉の摘み取りと余分な実を取り除く作業を行いました。

 なお、トウモロコシは先週末(5月12日)に追肥と土寄せを行っています。エダマメは少しずつ花芽が付いてきています。

3ナス1 3ナス2 3キュウリ1

  

 最後にマリーゴルドとパセリを植付けて今日の作業は終わりました。

  3   3農園全景1

 

 次回(4回目)は、1週間後の5月27日(土)午前10時から行います。キュウリの収穫が出来るように期待しています。

 

 

お問い合わせ

安城市アグリライフ支援センター
電話番号:0566-92-6200
ファクス番号:0566-92-6122