ここから本文です。

更新日:2017年7月6日

補修講座(7月1日)の様子

 4月22日から始まった一坪農園ですが、講座としては今日の補修講座が最終回になります。

 今日は、エダマメとトウモロコシの収穫がメインです。先ずは、トウモロコシの収穫です。収穫には少し早い実も有りますが、実の上部が丸くなって、つぶつぶが分かる様な実から収穫していただきました。

 6toumorokosi1  6toumorokosi2  6toumorokosi3

   

 農園に移動して、エダマメの収穫を中心にキュウリ・ナス・ピーマン・ミニトマトの誘引と収穫を行いました。エダマメは予定より早く生育が進み、今週の初めから収穫していただいています。今日、エダマメを全て収穫していただきました。トウモロコシは来週中に収穫を終えていただきます。エダマメとトウモロコシは、収穫後、とにかく早く料理することが、美味しく食べる秘訣です。持ち帰ったら、早めに召し上がってください。

6syuukaku1  6syuukaku2  shuukaku3

 

   一坪農園の野菜は、7月31日(月)まで収穫できます。これからが収穫の最盛期ですので、参加者の皆さんは、出来るだけ時間の都合をつけて収穫にお越しください。

 尚、秋冬野菜の「一坪農園」参加者を募集中です。詳しくは、広報あんじょうの7月1日号または市のホームページをご覧いただき、ご応募ください。

    下の写真は、副所長が立体栽培している「ヘビウリ」です。ヘビに似た長い実が何本も吊り下がっていて、触ってみると、少しブヨブヨしているので不気味ですが、食材としては、食物繊維やカルシウムなどのミネラル分を多く含み、カロリーも少なく、意外と料理に使いやすいそうです。

hebiuri

 

 

お問い合わせ

安城市アグリライフ支援センター
電話番号:0566-92-6200
ファクス番号:0566-92-6122