ここから本文です。

更新日:2017年2月14日

第2回目(9月10日)の様子

 一坪農園の2回目です。前回から1週間が経過し、ラディッシュの芽が出揃い、発芽の遅いニンジンも少しずつ芽が出始めました。

 本日の作業は、ダイコン(2種類)の種まきとキャベツ(3株)、ブロッコリー(2株)の苗を植付けます。

 

 第3回目説明

 

 28キャベツ植付け1 28キャベツ植付け 28キャベツ植付け3

  作業全体の説明を行った後、キャベツ・ブロッコリーの植付から始めました。各種の苗の植付け方法は基本的に同じです。穴を掘り、そこへ水を注ぎます。

 穴の水が無くなったら、苗を入れ、土を被せます。 植付けた苗のまわりに半径10cmほどの円をかいて、再度水をあげて終了です。

 ポイントは、苗の取り出し方・扱い方と最後の水やりです。苗は黒いビニールのやわらかい鉢に入っています。まず苗を中指と薬指の間で挟むように持ち、そのまま

鉢をひっくり返し、鉢をガボツとはずします。

 取り出した鉢状の土や根をそっと持ち、穴に入れます。苗を上から引っ張って取り出してはいけません。最後の水やりについては、苗の上から勢いよくかけないほうが

良いというのがポイントです。水を必要とする根に十分にあげるためのは、苗の上からではなく、葉の横から水をやるようにします。  

 

 

 28ダイコン種まき1 28ダイコン種まき2 28ダイコン種まき3

  次に、ダイコンの種まきです。前回種まきしたラディッシュの隣にまきますが、ラディッシュは「すじまき」といって線に沿ってまきましたが、大きく育つダイコンは「点まき」

といって、缶やビンの底を使って地面に1cmくらいの深さに穴をつくり、そこに3粒の種をまき、土を被せます。

 2種類の方法で種まきをしましたが、今後は、間引き(マビキ)や土寄せ(ツチヨセ)を行います。その際に、まき方の違いが解ってくるかと思います。ラディッシュに被せて

あった不織布をはずし、今回まいたダイコンの上に被せておきました。

 

 

 28ニンジン追肥1  28ニンジン追肥3 28ニンジン4

 最後に、ニンジンの上に被せてあった不織布の上に、雨風で土が乗って垂れ下がっていましたので、土で小さな土手をつくって、掛け直しておきました。

 こうしておかないと、細長いニンジンの芽が布から突き出てしまいます。

 

 作業は11時過ぎには終わりました。参加者の皆さま、お疲れ様でした。

 次回は、2週間後の9月24日です。ハクサイの苗を植付け、キャベツ・ブロッコリーに1回目の追肥(ツイヒ)を行う予定です。

 

お問い合わせ

産業振興部農務課農政係
電話番号:0566-71-2233   ファクス番号:0566-76-1112