総合トップ ホーム > 市政情報 > 「市民の声」の公表 > 新安城駅改築への税負担について

ここから本文です。

更新日:2018年3月7日

新安城駅改築への税負担について

要旨

新安城駅の駅舎改築に市税を30億円以上も投入するそうですが、それだけのメリットが有るのでしょうか。費用対効果を具体的に示してほしいです。
それだけの費用があるのなら、駅のすぐ西側の踏み切りの改善に活用した方が、地域にはメリットが大きいと思います。
どうしても新駅舎に資金を投入すると言うなら、少なくとも快速特急の停車を名鉄側に申し入れてほしいです。そうでなければ、新安城駅を利用する市民のメリットが駅舎が新しくなる以外にない。
また開かずの踏み切りの改善として、西尾線の名古屋方面との直通電車の廃止を提案してみたらどうかと思います。そうすれば1日40分くらいは踏切の閉まる時間が減るのではないでしょうか。直通電車が廃止されても、新安城駅に特急が全て停車すれば西尾線利用者にもメリットが多大であると考えます。

回答内容

まず、費用対効果についてですが、名鉄新安城駅の橋上化により、エレベーターやエスカレーターを使い、自由に快適に南北を往来できるようになり、暗く古いイメージの駅舎が本市の北の玄関口にふさわしいものへ生まれ変わります。また、まちの顔である駅が新しくなることで、新たな新安城駅周辺地区を創る第一歩として期待でき、まちの活性化につながると考えております。
また、駅西側の新安城1号踏切については、歩行者や自転車の安全対策として、平成23年度に一部拡幅をしていますが、これ以上、踏切とその前後の市道を拡幅することは、非常に困難です。今後も、これらの課題については、地域の代表者で組織する新安城まちづくり協議会で検討をお願いしてまいります。
次に、快速特急の新安城駅停車については、名鉄に継続して要望してまいります。
最後に西尾線における名古屋方面との直通運行について名鉄に確認しましたところ、西尾線の利便性確保のため廃止・削減は検討していないとの回答でした。

回答した月

平成30年2月

この内容についての問い合わせ先

都市計画課/電話番号:0566-71-2243

よくある質問

お問い合わせ

企画部秘書課広報広聴係
電話番号:0566-71-2202   ファクス番号:0566-76-1112