総合トップ ホーム > 市政情報 > 「市民の声」の公表 > 三河安城駅周辺の開発について

ここから本文です。

更新日:2016年12月2日

三河安城駅周辺の開発について

要旨

私は三河安城駅から名古屋に勤務していたことがあります。住宅、マンションもたくさん建設され、人口も増加し、名古屋までの通勤者が本当に増えてきていると感じています。
刈谷市のJR駅前に市民会館が移転建築されたところですが、三河安城にも第2市民会館あるいは、愛知県の援助をうけ県の施設の会館誘致をお願いします。
そうなれば、新幹線やJR在来線の利用客も増え相乗効果が見込まれると思います。
もう少し先には20万人都市安城になります。三河安城周辺は駅を降りてすぐの空地の公園があり、数百メーターで田畑がたくさん見えてきます。なんとか人を呼んで、魅力ある開発をお願いしたいです。

回答内容

本市は今年度から、主要な施策の中長期的な方針を示す第8次総合計画をスタートさせています。計画期間は平成35年度までの8年間で、本市が従来から進めているJR安城駅、JR三河安城駅、名鉄新安城駅及び名鉄桜井駅の4つの駅を核としたコンパクトで魅力的なまちづくりを推進することとしています。
開発の必要性についてご指摘いただきました三河安城駅周辺地区は、交通の要衝として高品位なまちづくりにより都市機能の集積を促し、西三河における広域的な役割を担う拠点形成を進めてまいります。
特に、平成39年には東京・名古屋間でリニア中央新幹線の開業が計画されており、東京―名古屋間は最短40分で結ばれることとなります。三河安城駅から新幹線を利用すれば、東京まで1時間程度で到着が可能となる新たな交通アクセスが確立され、観光や企業立地など、新たなビジネスを創出する機会になるとも考えられます。
上述のとおり三河安城駅周辺地区のまちづくりについては、リニア中央新幹線の開業を視野に入れつつ、さらに先の未来に向けて西三河地域を意識した広域的な視点に立つとともに、交通アクセスの好立地を活かし、産業の振興、交流人口の増加を目指したまちづくりが重要になると考えています。
なお、三河安城駅周辺へのコンサートホールなどの県の施設の誘致及び文化施設の建設については考えていませんが、本市の文化水準の向上に寄与するものとして、来年度、現文化センターホールの音響効果の向上を図るための改修工事を予定しています。

回答した月

平成28年11月

この内容についての問い合わせ先

生涯学習課 電話番号:0566-76-1515

企画情報課 電話番号:0566-71-2204

よくある質問

お問い合わせ

企画部秘書課広報広聴係
電話番号:0566-71-2202   ファクス番号:0566-76-1112