総合トップ ホーム > 市政情報 > 「市民の声」の公表 > あんくるバスについて

ここから本文です。

更新日:2015年2月6日

あんくるバスについて

要旨

あんくるバスに乗り感じた事は、碧南市のくるくるバスとの乗り継ぎが悪く、乗れないか、ギリギリで乗れる状態です。高棚線がよく7~10分位遅れます。これでは、何のために碧南市のくるくるバスとの乗り継ぎを考えたのでしょうか。
さらに、循環線のバスが高齢者・障害者にとって不便なため、外出しなくなりました。

循環線のバスが終点の更生病院に着くと全員降ろされてしまいます。例えば総合福祉センターから乗車して南安城駅まで乗りたいのに更生病院で降ろされてしまいます。足の不自由な方等は大変です。こんなにも不便なあんくるバスに巨額の税金を投入してまで運行しなくて良いと思います。
一番大事なのは、市民が安心して楽しく乗れる事だと思います。

回答内容

あんくるバスの遅れの影響で碧南市のくるくるバスに乗り継ぎができず、ご不便をお掛けし申し訳ありませんでした。

高棚線の遅れについては三河安城駅付近から昭林公園までの道路における交通渋滞により、朝便と夕方便に遅れの頻度が高いと把握しております。

碧南市のくるくるバスを含め、近隣市とのダイヤ調整については、各市のバス運行形態が異なる中、担当者が集まり研究していますが、スムーズな乗り継ぎを確保することが難しい状況です。

あんくるバス循環線は、安城更生病院を起終点としており、「バス休憩待機所までの移動(回送)については、道路運送法上の許可の取得ができないため、お客様を乗せて運転することができません。」そのため、乗客の方にはバスから降りていただくことをご理解いただきたいと思います。また、総合福祉センターから南安城駅までお乗りいただくには循環線の左回りでなく右回りをご利用されたほうが便利かと思います。

あんくるバスは、路線バスの廃止に伴い運行を開始いたしましたが、安城更生病院への通院の足だけでなく、近年は、通勤通学としてあんくるバスを利用している方を始め、様々な用途でご利用いただいています。

安城市の公共交通手段として、東海道本線や東海道新幹線、名古屋鉄道の鉄道路線と名鉄バス、あんくるバスそしてあんくるタクシーがあります。目的が限定されますが高齢者や障がいをお持ちの方には福祉タクシーのチケット補助の制度もございますので、目的地や用途に応じて使い分け、おでかけいただければと思います。

市民の方が安心して暮らせられるよう、またあんくるバスも安全にかつ安心してお乗りいただけるよう今後も皆様のご意見や利用者の動向等を参考に研究してまいりますので、よろしくお願いします。

回答した月

平成27年1月

この内容の問い合わせ

都市計画課
電話番号:0566-71-2243

よくある質問

お問い合わせ

企画部秘書課広報広聴係
電話番号:0566-71-2202   ファクス番号:0566-76-1112