総合トップ ホーム > 市議会のページ > 行政調査報告書 > 行政視察報告書 総務企画常任委員会

市議会のページ

ここから本文です。

行政視察報告書 総務企画常任委員会

平成18年7月11日(火曜日)~13日(木曜日)

福島県福島市「自転車利用環境総合整備事業」

この事業は地球環境への負荷軽減が大きな目的とされ、その達成のため自転車利用の促進に期待をかけているところである。福島市は地形的、気候的特性から通勤、通学などに利用される割合も高いこと、そこで利用条件の根幹となる整備は自転車、歩行者、自動車の各々の立場から安全な道路環境の整備、地下駐輪場の利用促進、エコミニシティゾ-ン内でのミニ駐輪場の整備による走行空間と、駐車空間の整備などが図られている。さらに、レンタルサイクルの充実も図られ中心市街地の活性化を求めている。今後の課題は、この事業の財源確保と公共事業の見直しによる他公共事業への優先化が問題とされていることである。

茨城県つくば市「防災科学技術研究所」

防災科学技術研究所

自然を利用した森の中に施設があり、多くの実験棟もあり気象庁への情報提供の黒子的役割を果たしている。実験棟では、耐震用の強度を研究している大型耐震実験施設を見学し、震度7弱程度でも耐える構造物である。また、大型降雨実験施設は世界最大の規模、能力を有する散水装置で山崩れ、土石流、土壌浸食や洪水災害の解明などを研究している。日本の研究拠点と地震観測網など情報収集や発信など優れた最新システムで、1日も早く地震予知ができるよう取り組んで市民の安全を図りたいものである。

東京都板橋区「地球環境大賞の受賞内容」

太陽光発電や雨水利用など取り入れた環境教育の総合学習拠点(エコポリスセンター)を設立され、環境保全に対する先進自治体としての意識の高さ、そして平成15年にはグリーン電力証書システムによる風力発電を導入している。また、ISO14001は平成11年に取得しワイン瓶を区民、事業者と協働で道路舗装材などにリサイクルする取り組みも進められたことが大きな評価につながったようである。また、市役所本庁舎の一部に「緑のカーテン」と呼ばれる植物を利用することによって室内の温度を下げるという環境対策を行っている。

緑のカーテン

お問い合わせ

議会事務局議事課庶務係
電話番号:71-2252