総合トップ ホーム > 市議会のページ > 行政調査報告書 > 行政視察報告書 広域行政特別委員会

市議会のページ

ここから本文です。

行政視察報告書 広域行政特別委員会

平成18年10月16日(月曜日)~18日(水曜日)

岡山県市町村税整理組合(岡山県岡山市)「広域行政事務」

当組合は、昭和26年に町村の地方税の滞納整理を目的に設立され、その後、発展的解散など幾多の変遷を経て、昭和39年に現在の名称に至っている。職員の人事異動による経験不足などによって、各市町村における滞納税の徴収が難しい条件を処理し滞納減少を図るための専門機関である。専門職員4人で岡山県下(人口10万人以下)11市14町の税滞納整理にあたっており、昨年度は3億1千万円余の徴収成果をあげている。

人吉球磨広域行政組合(熊本県人吉市)「広域行政事務」

当組合は、人吉球磨地域の10市町村地区で構成。熊本県の東南部に位置する人吉盆地一体であり、静かな町で古くからの文化風土を色濃く残す温泉城下町で、球磨川くだりなどの観光産業が柱となっている。

組合の業務は、広域行政事務、特別養護老人ホーム、介護老人事業、し尿・ごみ処理・火葬場施設の事業、田園都市中核施設など多彩である。各自治体の負担金割合は事業ごとに違いがあり、要した経費により精算されているとのことである。

杵藤地区広域市町村圏組合(佐賀県武雄市)「広域行政事務」

当組合は、佐賀県の西南部、有明海に面した3市4町で運営する組合である。杵藤広域圏は、田園風景広がる農業や有明海の豊かな資源を活用した海苔養殖業が中心となっている。人口は172,000人で安城市と同じくらいであるが、面積は643.63平方kmと本市の約7倍の広さ。

組合事業は、消防業務とその他の業務に大きく分かれる。消防は昭和48年に設立され、現在は206名の職員のうち2名の派遣職員以外はすべてプロパーである。

その他の業務は、電算センター、クリーンセンター、葬祭公園、介護保険など5課で運営されている。派遣職員44名とプロパー9名の合計53名。介護保険事業では、介護保険の徴収、介護保険の申請、介護認定、介護保険料の給付、介護相談など介護に関する内容は全て当組合が窓口となって進められている。市町村の負担金は、運営費負担金と施設整備建設負担金の2本立てからなっており、割合は事業ごとに細かく決められ、均等割、人口割、利用割、投入割などで構成されている。

お問い合わせ

議会事務局議事課庶務係
電話番号:71-2252