総合トップ ホーム > 市議会のページ > 行政調査報告書 > 行政視察報告書 議会運営委員会

市議会のページ

ここから本文です。

行政視察報告書 議会運営委員会

平成18年10月10日(火曜日)~10月12日(木曜日)

埼玉県草加市・東京都小金井市・神奈川県川崎市「一般質問の一問一答方式について」「インターネット中継について」

一般質問の一問一答方式について

 

埼玉県 草加市

東京都 小金井市

神奈川県 川崎市

導入のきっかけ

議会運営委員会での検討事項の一つとして

議会改革検討委員会での提案項目の一つとして

議会運営の協議事項の課題の一つとして

導入時期

平成16年6月定例会より

平成14年6月定例会より

平成4年9月定例会より

導入経過

平成15年3月 発言方法、時間の検討

平成16年2月 質問席の設置場所決定

平成16年5月 一問一答方式に決定

平成13年11月 議会運営委員で改革を進めることを決める

平成14年3月 67項目を具体的調査項目として審査決定

平成15年3月 調査報告書を作成

平成3年5月 議会運営委員会で審議

取り決め事項

発言は質問席

一般質問は一問一答

議案質疑は原則一問一答

持ち時間は80分/人(答弁含む)

発言は質問席にて

回数制限無し

持ち時間は概ね60分(答弁含む)

代表質問は実施していない

質問・答弁ともに自席

一括質問も選択できる

持ち時間は概ね30分程度(答弁を含む)

代表質問は一括質問、一括答弁

利点・欠点

解り易い

進行が図り易い

質問の組み立てが大変

質問が他議員と被った時、質問を変えて臨機応変にできる

解り易いこと

議事の整理がし易い

今後の課題

残時間の対応をルール化できると良い

当初予算の審査は予算特別委員会で行いたい。(19年度予算から)

会議時間が長い

日曜議会の存続問題

陳情・請願が多く、提出者の発言を認めているので見直ししたい

質問者が多い。50人以上の時もある。30分の見直しが必要、時間表示も必要である。

インターネット中継について

項目

埼玉県 草加市

神奈川県 川崎市

中継の方式

生中継

録画中継

生中継

録画中継

映像配信の時期

平成16年6月定例会から

平成16年12月定例会から

映像の公開は

収録後 3日後から

収録後 2日後から

中継内容は

本会議の全て

本会議の全て

特別委員会(予算・決算)

視聴の期間

1年間

2日後から3ヵ月

初期設置費用

ハード面 3,363万円

ソフト面 156万円

ハード面 1,103万円

ソフト面 221万円

年間維持費

210万円

507万円

映像データ・検索画面の作成

業者

事務局で編集

業者に配信依頼

サーバの設置場所

本会議場

業者内

契約方法

随意契約

入札

アクセス件数

2,185件/17年度

12,000件/17年度

職員の仕事量

カメラ操作

カメラ操作

映像の編集作業

問題点・課題

 

委員会も中継しているので職員の仕事量が多い。

委託業者は競争入札のため引継ぎやソフトの変更等、正確で迅速さが求められる。

まとめ

各市の議会改革は、市民に開かれた解り易い議会にするため、CATV中継やインターネット放映、日曜・夜間議会の開催、一般質問の対面方式など、他市に誇れる先進的な取り組みを行っている。他市の良いところは積極的に取り入れ、安城方式に変換し実施していきたいものである。中でもインターネット録画放映については、安城市議会はカメラ、録画装置など機械器具は既に揃っているので、費用はランニングコストが中心であり、そんなに高額な予算を必要とせず実施できると思われるのでぜひ導入したいものである。導入メリットとしては、議会を傍聴に来れなくてもパソコンがあれば、いつでも、どこでも、だれでも、見たいところだけ視聴できることである。なお、そのため、議員・市長らの質問・答弁は今まで以上に資質の向上が望まれる。

川崎市議会 議場

お問い合わせ

議会事務局議事課庶務係
電話番号:71-2252