本文へジャンプします。

文字サイズ変更
拡大
縮小

色の変更・音声読み上げ

  • 検索の仕方
  • 携帯用
  • サイトマップ
  • 日本語
  • English
  • 简体中文
  • 繁體中文
  • 한국어
  • português
  • español
  • Wikang Tagalog

ホーム > 市長のページ > 今月のメッセージ

ここから本文です。

更新日:2017年3月21日

今月のメッセージ

平成29年度当初予算

市長就任後、15回目の春を迎えます。平成29年度は昨年4月よりスタートしました新しい8カ年の長期計画(第8次総合計画)に掲げた目指す都市像「幸せつながる健幸都市 安城」の実現に向け、市制65周年の様々なイベントを通じて「ケンサチ」の意義を市民の皆さんに発信し、各施策に精力的に取り組む1年となります。

それに先立ち、本市の魅力とケンサチの意義を、多くの皆さんに知っていただくためのPR用動画が、3月16日(木曜日)からYoutubeにて公開されています。日本一可愛い女子高生こと永井理子さん主役で、現代社会のストレスによりゾンビになった人たちが、健幸都市・安城へたどり着き健康を取り戻すというお話です。出だしがやや不気味ですが、やがて楽しくなってくる動画です。私も2回登場します。以下をクリックしてご覧下さい。

(ケンサチPR動画はこちらから) 

およそ1,000人のエキストラのみなさんとともにケンサチダンスを踊りました!

【およそ1,000人のエキストラのみなさんとともにケンサチダンスを踊りました!】

 

さて平成29年度は、安城市制施行65周年にあたりますとともに、6月1日にはアンフォーレがオープンするなど、節目の年となります。今回は、4月から始まる新年度予算をご紹介申し上げます。

わが国を取り巻く環境は、アメリカ新大統領の政策やEU離脱を表明しているイギリスの動向に加え、中国や新興国など海外情勢や金融市場の動向も不透明であるなど、予断を許さない状況にあります。本市には、グローバルな経営展開をされる自動車関連企業が数多くあり、市内企業への影響が懸念されます。本市では財政状況を厳しいことと予想し、平成29年度当初予算におきまして、「持続可能な財政運営の堅持」を基本とした予算編成を行いました。

今後は、少子高齢化に伴う福祉関連経費の増加や、老朽化した公共施設の改修などに多額の費用が必要となりますことから、限られた財源の中で、市民生活に不可欠なサービスの水準を維持せねばなりません。よって本年度、事務事業の総点検を行い、各事業の見直しを行うとともに、新年度からは新たな行政改革を着実に実行することとしております。引き続き健全財政を堅持し、限られた財源を効果的に活用できる行財政運営に努めてまいります。

平成29年度の当初予算規模は、一般会計では、前年度比8.3%減の668億8千万円としています。この予算額は、アンフォーレ関連経費を予算計上し、市政初の700億円を超えた28年度に次ぐ規模の大きな当初予算となりました。以下、一般会計の歳出を第8次総合計画に掲げた5つの項目、健康・環境・経済・きずな・こどもの順に沿ってご紹介します。

 

健康

本市全域で健康意識を高め、市民一人ひとりが主体的に健康づくりに取り組める環境を整備してまいります。

健康づくりのきっかけづくり

・アンフォーレ3階の健康支援室を利活用した健康測定会

・健康づくりイベントの実施や健康の道ウォーキングイベントの開催

・健康づくり活動団体等の支援及び健康づくりサポーターの育成・養成

・健康マイレージ事業の継続実施

「健康の道」ウォーキングイベントの様子

【健康の道ウォーキングin西部地区(福釜町)の準備体操の様子】

スポーツ環境の整備

・ソフトボール場A球場や市体育館の大規模改修

・本市を拠点とする全国トップチームを応援するホームチームサポーター事業

 

環境

第7次総合計画で進めてきた環境への取り組みを大切にし、環境まちづくりをさらに深化させてゆきます。

環境学習及び意識啓発事業

・矢作川水源の根羽村の杉を使用した「木づかいイベント」の継続実施

・エコキャップ甲子園による環境意識の啓発と本市ものづくりのPR

・次世代自動車購入への補助

・スマートハウス導入費用の助成

都市環境整備

・新しい公園の整備や健康遊具の設置

・市内主要道路の改修工事の推進

経済

中小企業が行う人材育成、企業間連携、研究開発経費などに対する支援や、中小企業の設備投資支援などを切れ目なく実施します。

農業・商工業の振興

・(仮称)食と農の祭典in安城の開催

・アンフォーレを核としたイベントによる本市PR

・アンフォーレ内にビジネス支援センターを開所

・企業用地の新規造成による企業流出抑制や新規企業誘致

市民生活の利便性向上

・アンフォーレへのアクセス整備と周辺の南明治土地区画整理事業の推進

・アンフォーレ内に証明・旅券窓口センターの開設

 

きずな

市内で活動をして来られた各種団体との新たな連携・支援により、安心して暮らせるケンサチのまちづくりを進めます。

各種団体との連携・支援

・ケンサチグランプリ事業による地域課題解決と新たなまちづくりの展開

・民生委員制度創設100年、社会福祉協議会法人化50年の記念事業開催

・安城市版地域包括ケアシステムの推進による超高齢社会対応

・生活困窮世帯の子どもへの学習支援を拡充

・地域生活支援拠点整備事業による障がい者の安心生活確立

ケンサチグランプリ最終選考会の様子

【ケンサチグランプリ最終選考会の様子】

防災・減災体制の充実

・消防団の資機材、救助・救出の活動用資機材の充実

・特定福祉避難所へ防災倉庫を設置し、要配慮者の受け入れ体制を整備

・追田川流域に調整池を新設(南明治公園予定地の調整池建設、錦町小学校調整池の設計費)

・文化センターの大規模改修とプラネタリウムの機器更新

こども

子育て支援の充実

・安城市版ネウボラによる出産・子育て環境の充実(赤ちゃんの聴覚検査、母子の歯科検診、産後ママ応援ケア、産後ママ応援イベント)

・保育需要急増への対応のため和泉保育園の新園舎建設

・(仮称)子ども発達支援センター開設への準備

・小中学校及び幼稚園保育園の第3子以降の給食費無料化実施

北部幼稚園だんごむし体操の様子

【北部幼稚園だんごむし体操の様子】

学校教育環境の整備

・小中学校の施設の老朽化に伴う改修及び修繕

・学校図書と図書情報館との連携による子どもの読書活動を推進

・学校司書の増員による学校図書館の利用増進

・外国人児童生徒への日本語の初期指導教室を実施

本市を含むこの地域は、自動車関連企業を始めとするものづくりが盛んであり、日本のみならず世界に知られる地域であるといえます。しかしながら、世界情勢の動向については、不透明であり、予断の許さない状況でもあります。近い将来、本市にも訪れる人口減少・超高齢社会に備え、持続可能な財政運営を行ってまいりますとともに、第8次総合計画に掲げる目指す都市像「市民一人ひとりが生活の豊かさとともに幸せが実感できるまち」の実現に向けて、市民サービスの水準を維持し、市民の皆さまが健幸で過ごせるまちづくりを目指して、全力で市政運営に努めてまいります。

 

29年度も本市の行財政運営に、ご理解ご協力をよろしくお願い申し上げます。

過去のメッセージを読む

 

お問い合わせ

企画部秘書課秘書係
お問い合わせ:info@city.anjo.aichi.jp
電話番号:71-2201  

マイメニュー使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

  • 意見・相談・お問い合わせ
  • よくある質問
  • リンク集
  • 市長のページ
  • 市議会のページ
  • サルビーと行く わくわくキッズダウン
  • エコ路地 安城市の環境への取り組み
  • 安城密着コミュニティサイト あんみつ
  • 安城市子育て応援サイト
  • 市広報フェイスブック、ツイッター