総合トップ ホーム > 市長のページ > 今月のメッセージ

市長のページ

ここから本文です。

更新日:2017年4月21日

今月のメッセージ

春からケンサチ

1、好調ですケンサチムービー

3月16日から公開されましたケンサチムービーは、1ヶ月ほどでアクセス件数が20万を超し、多くの皆さんにご覧いただけています。おおむねご好評のようで、出演している私自身も嬉しく思っています。まだご覧になっていない方は、以下のURLからぜひご覧ください。

プロモーション映像(安城市ケンサチムービー)

ケンサチムービー「健康度0%」

【ケンサチムービー「健康度0%」】

ところで、日常的に安城市政と関わりをお持ちの方なら、「ケンサチ」ということばをすでに耳にされているのではないでしょうか。でも、安城に来て間もないなど、市政との関わりが薄い方の多くは、まだまだケンサチをご存知ないか、あるいは聞いたことはあるものの、何を意味するのかよく分からないという方もおみえでしょう。

本市では、昨年からスタートした8カ年の長期計画の目指す都市像を、健やか幸せを意味する健幸都市とし、「幸せつながる健幸都市 安城」をキャッチコピーとしています。ケンサチとは、この「健幸」の重箱読みで、そもそも日本語にはない造語ですが、私たちは「健康」と区別する意味で、意識して使うようにしています。

大人から子供まで、また市政に関心のある方もない方も、まずは多くの皆さんにケンサチということばに関心をお持ちいただくには…と、私たちなりに考えて制作したのが、最近マスコミでも取り上げていただきました「ケンサチムービー」です。

主役は、昨年春の女子高生ミスコンで「日本一かわいい女子高生」に選ばれた永井理子さん。彼女が安城市ご出身ということは、多くの皆さんご存知のことかと思います。そしてこのムービーを制作して下さったのは、ポニーキャニオンという映像・音楽ソフト会社です。本市がケンサチをテーマにした動画を制作すべく、公募をしましたところ14社もの応募がありましたが、その中で最もユニークかつ楽しい企画を選ばせていただきました。

私は特に歌詞が好きで、「おいでんでんデンパーク♪」や「見せてあげたいな奇跡の七夕♪」など、この地方の特色をうまく織り込んでいただけ、作詞された方を尊敬してしまいます。踊りの振付けもそんなに難しくはなく、小さな子どもたちも踊りたくなるのではないでしょうか。

ケンサチムービー「健康度100%」

【ケンサチムービー「健康度100%」】

また楽しい歌を歌っているのは、アマチュアの伊藤ゆりさんという女性です。この方は、この地域の大手企業にお勤めで、アカペラの全国大会で優勝経験をお持ちです。歌声を聴いているだけで歌唱力の高さが伝わって来ます。彼女の歌が、ムービーそのものをずいぶん盛り上げてくれていると感じられますね。

 

2、改めてケンサチとは

これから本市が目指す都市像はお分かりいただけたことかと思います。「健康都市」ではなく、あえて「健幸都市」としましたのは、市民生活の目標を単なる個人個人のヘルスの健康にとどめず、より幸福な生活の確立にまで思いを馳せて、そこに至る方向性をお示ししたいと考えてのことです。

どんな生活上の要件が満たされれば、安城市民の皆さんが幸福と感じられるかについて、市民アンケート等を基に私たちなりにまとめ、「健康」「環境」「経済」「きずな」「こども」という5つを挙げさせていただきました。この5要件をバランスよく充実させてゆくことを目指して、市役所すべての部署でどんな取り組みをしてゆくかが、本市の長期計画としてまとめられています。

本市の高齢化率も20%に達しました。世界保健機構(WHO)や国連の定義では、21%を超えた社会を「超高齢社会」と定義づけており、本市もすでに超高齢社会の一歩手前まできているということになります。高齢化率の全国平均が約27%ですので、まだ比較的低いとは言えるものの、市内には昭和の時代の高度経済成長を支えてきて下さった団塊の世代の皆さんが、多くお住まいになっておられます。その方たちが75歳以上に達する、いわゆる「2025年問題」が、本市の医療や福祉に大きな影響を及ぼすのではないかという心配の声を、関係の皆さんからお聞きしております。

そこで、本市の医療と福祉を良い形で末永く守って行くために、今から全ての市民の皆さんにご自身とご家族のケンサチ生活につなげていただきたいと願い、それを具体的な計画としてお示ししています。ケンサチまちづくり実現には、市民お一人おひとりの日々の実践が不可欠です。しかも楽しくなければ長続きしないと思われます。ケンサチムービーのように片肘を張らないで、楽しい生活により心身の健康が保たれることを願っています。

 

3、独自のケンサチ環境

安城市の特性を活かして、本市ならではのケンサチ活動を展開したいと考えています。その本市の特性を以下の3点にまとめてみました。

1)医療・福祉との協調

本市には、安城更生病院と八千代病院という長い歴史のある基幹的な総合病院があり、さらに地元医師会の先生方と両病院、そして安城市との関係も良好です。私はかつてこの状況を特別なことと意識していませんでしたが、地元医師会と基幹病院、そして地元首長の三者の関係が良好なのは、どうやらかなり珍しいことらしく周辺市から驚きの目で見られていたようです。

また、全国チェーンのスギ薬局が本市に本社を置いておられ、いろいろな面で連携をとりながらご協力いただいております。こうした医療・福祉の関係機関と地方行政との連携を活かして、超高齢社会の課題を先取りする形で、さまざまな施策を講じてまいりたいと考えています。

2)地形的な条件

また今度は、安城市の地形的な条件に目を向けてみましょう。市内には大きな起伏がなく、歩行や自転車での移動をしやすいまちです。よって市民が安全にウォーキングやサイクリングを楽しめる環境整備を進めることで、過度に自動車に頼らないケンサチな生活を実現できるのではないかと考えています。現在は、明治用水緑道を有効に生かす形で、そこから枝線となるような形で周辺道路へのサイクルレーンの延伸を図っています。

ケンサチムービー「明治用水緑道」

【ケンサチムービー「明治用水緑道」】

3)財政の健全性

さらに本市は現在、財政の健全性を保てています。こうした財政的な優位性も活かして、失敗を恐れることなく、他の自治体では取り組めないような新しい挑戦をすることが可能です。安城市が、他市に例を見ないような独自の施策を展開し、その成果を広く情報発信してゆくことを目指しています。

平成28年度に「ケンサチ・グランプリ」と称する健幸都市実現への取り組みのコンテストを行い、「地域の課題をビジネス手法で解決し、人と社会を動かす!」という狙いで、民間の企業団体からケンサチまちづくりの具体的な活動を公募しました。応募されたプランは昨年12月に公開で審査をされ、その結果、27件の事業計画案から、4団体が行う3つの事業が選ばれました。選ばれた事業については、1事業に対して最大300万円の補助金が交付され、29年度からいよいよ事業がスタートします。

 

4、いよいよケンサチ

そしてこの春から、さまざまなケンサチ活動が本格的に展開されます。本市の特色を生かした安城市の取り組みの他、グランプリで選出された民間の提案もいよいよ具体化します。その取り組みの事例を紹介します。

1)アンフォーレでの活動

・健康づくり講座・教室を開催

専門家による座学講座のほか、週2~3回程度の運動教室も開催。団体や市民からなる「健康づくりリーダー」、「健康づくりサポーター」も参加予定。民間企業(スギ薬局など)による健康測定会などのイベントを開催します。

・ケンサチ生活への提案をPR

週末ごとに、さまざまなイベント等が開催される予定のアンフォーレには、さまざまな方々が日常的にお集まりになられる場となることでしょう。さまざまなケンサチの取り組みから得られた成果を基に、ケンサチな生活実現への情報発信を行ってまいります。

2)デンパークのリニューアル

開園20周年を迎え、施設や遊具の更新を計画しています。特に低年齢の子どもたちが体を動かして遊べる要素を充実させるとともに、家族で長時間滞在できる園内環境としてゆきます。もちろん地元産の農産物を食べていただいたり、お買い求めいただくためのサービスも充実させてまいります。

ケンサチムービー「安城産業文化公園デンパーク」

【ケンサチムービー「安城産業文化公園デンパーク」】

3)データヘルス推進事業

データヘルス推進事業とは、主な健康保険(協会けんぽ、組合健保、国民健康保険)が保管するさまざまなデータを、ビッグデータとして分析し、この地域に暮らす皆さん方の健康状態や傾向を把握し、具体的な健康指導や生活改善に結び付けてゆく事業です。まずは本市のデータ解析と事後指導の成果を検証し、将来的には広域での展開も視野に入れてゆきたいと考えています。

4)ケンサチ・グランプリの提案実現

ケンサチ・グランプリで選ばれた3つのケンサチな提案を記しました。これから具体的な活動が始まります。

・「アグリパーク安城」創年塾 耕し人(市民団体)

ファミリー農園…年会費35,000円×12区画。「自産自消」というコンセプトを導入して差別化してゆきます。

アグリパーク安城…農と野菜を語り合うコミュニティ空間で、野菜販売も行われます。

アグリパーク安城

【アグリパーク安城】

・「スギ健幸ステーション」株式会社スギ薬局

スギ薬局店舗(東栄東店)内に開設され、健康測定、健康教室が開催されます。ケンサチ・マガジンも発行予定です。

スギ健幸ステーション

【スギ健幸ステーション】

・「スマイルランニング」快速AC・株式会社cokore

スマイルランニング、ミニマラソン、リレーマラソンを開催します。事業の運営にはスポーツ推進員、ボランティアスタッフが参加されます。

スマイルランニング

【スマイルランニング】

 

以上のようないろいろな事業を予定しています。関心のあるイベントにご参加いただき、この春を機にご自身のケンサチ活動を始めてください。

過去のメッセージを読む

 

お問い合わせ

企画部秘書課秘書係
電話番号:71-2201