市長のページ

ここから本文です。

更新日:2014年9月16日

 

奉仕の心で健康長寿(2014年6月)

5月8日(木曜日)、本市の市制施行62周年を記念する「安城市発展祭」を、市民会館サルビアホールで開催しました。昨年から、それまでの式典だけの発展祭から、著名な有識者による講演も併せて行うこととし、今年は102歳の現役医師・日野原重明先生に「安城市民のボランティア精神をどのように高めるか」という演題で、健康長寿についてのご講演をいただきました。

日野原重明先生にご講演いただきました

【日野原重明先生にご講演いただきました】

お話は、全国一の長寿県の解説から始まりました。都道府県の長寿ランキングというものは、時代とともに変遷するもので、かつては沖縄県が平均寿命の日本一長い長寿県でした。しかし現在、沖縄県は日本一ではなくなり、代わって男女ともに日本一平均寿命の長いのは長野県になっています。

こうした変化の主な理由は食生活にあるようで、かつて沖縄県民の皆さんは地元でとれた素材を活かした郷土料理を主に食べておられましたが、近年は食生活が洋風化し、特に脂分の多い食べ物を好むようになったため寿命が短くなったのではないかとお話下さいました。

一方、近年日本一の長寿県になってきた長野県は、ひと昔前までは平均寿命の短い県だったそうです。その理由は標高の高い高冷地が多く、冬の寒さが厳しいため保存食として漬物が多く食され、その結果、塩分の過剰摂取による脳卒中で亡くなる方が多かったのだそうです。

しかし、減塩運動が全県的に展開され、こうした長年の地道な取り組みの成果として、今では平均寿命が日本一に転じたのだそうです。また高原野菜地帯でもあるため長野県の皆さんは野菜の摂取量が多く、また高齢になっても畑仕事に汗を流すお年寄りが多いなど、「食生活改善」と「適度な運動」が長野県民の健康長寿の背景にあると指摘されました。

以上は、長寿県・長野の人々の身体的な健康の分析ですが、もう一つ重要で見逃せないのは「心の健康」です。長野県の皆さんは、社会奉仕活動への参加率が大変高いという調査結果があるそうです。家族のために、地域のために、自分でできる奉仕活動に取り組み、奉仕の精神を発揮することを厭(いと)わない、そんなところにこそ健康長寿の秘訣があるのだというご指摘をされました。

私たち人間には「承認欲求」という、他者から認められたいとする感情があると言われています。家族や地域の方々に感謝され、お礼のことばをかけられることで、高齢者ご自身が社会に認知されているという実感が持て、生活に張り合いが生まれるのだろうと考えました。社会奉仕に積極参加をしておられるご年配の皆さんは、おそらく「余生」という意識ではなく、「現役」そのままのはつらつとした生活を送っておられることでしょう。

日野原先生との記念写真です

【講演後の日野原先生とともに】

ところで日野原先生ご自身は、この日、早朝に東京のご自宅をお発ちになられ、安城市へおいで下さいました。本市発展祭で1時間の講演をお昼までに終えられると、午後には市内の看護専門学校でさらに1時間のご講演をされています。そして、その日のうちに東京へお帰りになられますと、オックスフォード大学での記念講演のため、翌朝には飛行機でロンドンへお発ちになるとお聞きし、私はことばを失いました。

102歳の現役医師のお話を聞きたいと切望する人々のため、労を惜しむことなく遠方に出かけられ、感謝の声を自らのエネルギーに転化されるのでしょう。ご自身の善意の発露に、真の生きがいを見出しておられるとお見受けしました。そんな奉仕の精神こそが、日野原先生の健康長寿の秘訣なのだということが、私にもよく理解できました。

講演の演題「安城市民のボランティア精神をどのように高めるか」は、安城市が日野原先生にお願いして設定したものではありません。私たちはあくまでも、「健康長寿の秘訣をお話し下さい」とお願い申し上げただけです。この「安城市民のボランティア精神をどのように高めるか」という演題こそが、安城市民の私たちに贈られた健康長寿の秘訣そのものであったということを、ご講演に触れて気がつきました。

身体的な健康は、「食生活改善」と「適度な運動」です。そして、精神的な健康の秘訣こそが「ボランティア精神」だったのです。日野原先生は、特に見返りを求めることのない純粋な奉仕の精神を強調されました。

私たちは他人から感謝のことばをかけられると、何とも言えない幸せな気持ちにさせられます。あの現象は脳内で特殊なホルモン分泌が生じることで起きるのだということを、日野原先生に確認させていただきました。見返りを求めるボランティア精神は邪道と知りつつも、幸せ気分で暮らせる生活を目指したいものだと思いました。

日野原先生の貴重なご講演をお聞きになられ、元気とやる気をいただいたと言われる数多くの中高年の方々にお会いしています。日野原先生の安城市へのご来訪に心より感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

(安城市発展祭での日野原先生の講演は、下記をクリックしていただくとご覧いただけます。

安城市発展祭での日野原先生の講演(外部リンク)

過去のメッセージを読む

お問い合わせ

企画部秘書課秘書係
電話番号:0566-71-2201   ファクス番号:0566-76-1112