市長のページ

ここから本文です。

更新日:2014年12月22日

市政懇談会(2014年11月)

今年度の広聴活動の一環として、8月から11月にかけて全9回の「市政懇談会」を開催してまいりました。懇談会は毎回、時宜にかなったテーマを設けており、できるだけ幅広い分野を代表する皆さんにお集まりいただくようにしました。1回の懇談時間は2時間ですので、出席いただく方の数は10名弱にとどまりますが、大変有意義な意見交換ができたものと思っています。

そのご意見の一部は、「広報あんじょう」の紙面で紹介されますが、大変貴重なご意見をたくさんいただいておりますので、私の感想も含めてここにまとめてみました。開催された日程とテーマは次の通りでした。

市政懇談会にてたくさんのご意見をいただきました

【たくさんの貴重なご意見をいただきました】

8月18日学生に聞く「大学生・高校生・留学生との懇談」

テーマを「留学経験から感じた日本(安城)のよさ」として、過去に本市の海外姉妹都市派遣でホームステイをした若者たちと、安城市内の高校へ留学しているお2人のタイ留学生にお話を聞きました。市内の学生の多くは、その後も独自に海外留学している人が多く、外国から見た日本の印象など、私自身にもとてもよい勉強になりました。

(当日のご意見や私の所感)

9月8日子育て・義務教育「家庭・地域と学校・幼保園間の子育て連携」

学校の先生、幼稚園教諭や保育士、PTAや青少年健全育成などに関わる皆さんのご出席の下、若い保護者の子育てに対する意識変化や、そのしわ寄せの及ぶ保育や教育の現場を案じる声が気になりました。

(当日のご意見や私の所感)

みその保育園歯磨き指導の様子

【みその保育園歯磨き指導の様子】

9月29日環境「環境施策とエネルギー」

この会には、環境ボランティア団体の他、太陽光発電の会社、スーパーマーケット、電力会社、自動車関連企業など、企業の代表の方々にお入りいただき、経済活動と環境との関わりについて語っていただきました。大災害や福島の原発事故により、企業が提案する生活様式、さらに技術開発に対する考え方が変わりつつあることを感じました。

(当日のご意見や私の所感)

コムスに乗車しました!

【電気自動車コムスを運転しました!】

10月20日まちづくりとシティプロモーション「拠点活性化とシティプロモーション」

プロモーション(promotion)とは、「昇進、上位への昇格」などを意味し、都市政策としては「地域再生、観光振興、住民協働などの概念」として受け止められています。本市では、更生病院跡地への拠点施設建設と、新美南吉まちづくりによる「まち中メルヘン」が、これに該当する事業と考えています。この会では中心市街地での活力再生にご協力下さる方々から、さまざまなご意見をいただきました。

(当日のご意見や私の所感)

南吉オブジェの前で

【南吉オブジェにて】

10月23日健やか・幸せ「地域とつくる健康」

平成17年度からの本市10年計画「総合計画」の目指す都市像は、「日本の環境首都」でした。生活環境の向上を願い、これまで様々な環境活動を展開してきましたが、その計画期間もそろそろ終了を迎えています。次の目標とするテーマについて、私は、市民の皆さんの「健幸(健やか・幸せ)」実現としたいと考えています。そこでこのテーマにふさわしい立場の皆さんから、次のようなご意見をいただきました。

(当日のご意見や私の所感)

10月29日生涯学習「図書情報館に期待すること」

更生病院跡地で、図書情報館を核とした拠点施設建設が間もなく始まります。この会では、特に文化活動にいそしむ方々、子どもへの読み聞かせや図書館ボランティアとしてご活躍の皆さんにご参加いただき、新しい拠点施設への期待やご提案をお聞きしました。

(当日のご意見や私の所感)

図書情報館の外観イメージです

【図書情報館の外観イメージです】

10月31日福祉「いつまでも住み慣れた地域で暮らしていける福祉のまち」

安城市でも少子高齢化の流れは続いています。本市のような昭和の高度成長時代に人口急増を経験した都市では、特に団塊世代の人口が多いのが大きな特徴です。あと11年ほどで、団塊世代の皆さんが後期高齢者となられ、そのことによりこの地域は医療・福祉施設の極端な不足に直面することが予想されます。そうした将来への懸念も含め、福祉活動に取り組んでおられる皆さんのご意見をお聞きしました。

(当日のご意見や私の所感)

安祥福祉センター「スッキリ体夢」の様子

【安祥福祉センター「スッキリ体夢」の様子】

11月4日工業「中小企業のこれからと経営課題」

6年前のリーマンショック、3年前の東日本大震災と、最近は不測の事態が発生し、この地域の経済環境も激変しました。また、これまでは大手企業を中心に生産拠点の海外移転が進められてきましたが、最近は中小企業にまで取引先の海外移転の影響が直接及ぶようになってきています。この地域で頑張る中小企業の経営者の皆さんから、貴重なご意見をいただくことができました。

(当日のご意見や私の所感)

11月18日地域防災力「共助力の向上及び地域連携について」

私たちの地域で、いつ起きてもおかしくはないと言われている南海トラフ地震ですが、災害はこの他にも大型台風や集中豪雨も考えられます。不測の大災害に見舞われた時、行政の対応には限界が生じます。身近に暮らす方々による地域の力、つまり共助の力を発揮していただくために、どんな課題があるのかについて、市内各町内会やボランティア団体でご活躍される皆さんの考えをお聞きしました。

(当日のご意見や私の所感)

安城市総合防災訓練(丈山小学校の様子)

【安城市総合防災訓練(丈山小学校の様子)】

過去のメッセージを読む

お問い合わせ

企画部秘書課秘書係
電話番号:0566-71-2201   ファクス番号:0566-76-1112