ここから本文です。

更新日:2013年6月20日

デンマーク大使と自転車ツアー

自転車好きの方々はすでにご承知のことと思いますが、5月24日にCOP15サイクリング・ツアーが安城市で開催されます。COP15は、今年の12月にデンマーク王国のコペンハーゲンで開催される国際環境会議のことです。

COP10が来年秋、愛知県で開催されることをご存知の方は多いと思いますが、COP10、COP15などと聞くと、そもそも「COPって何だ?」と疑問を感じる方もいると思います。

COPとは「Conference Of the Parties」の略で、意味は直訳すれば「当事者の会議」とでもいうのでしょうか。では、愛知県で来年開催されるCOP10と、コペンハーゲンで年末に開催されるCOP15の違いは何なのでしょう。まず順を追って説明しますと、過去の国際的な環境会議は1997年の京都会議が有名ですが、ここで環境に関する全ての問題が議論されたわけではありません。

参加国やその国の産業界、環境保護団体研究所などの事情もあり、テーマ別に条約の締結が行われており、気候変動枠組条約、生物多様性条約、砂漠化対処条約があるようです。

京都会議は気候変動枠組についての会議で、主に地球温暖化防止について話し合われました。この気候変動の会議が最も盛んに開催されており、コペンハーゲンで開催されるのは京都会議延長上の国際会議です。今回で15回を数えるということでCOP15とされています。

一方、来秋に名古屋で開催予定の国際会議は生物多様性についてのもので、生態系の豊かさやバランスを守ることがテーマとなります。こちらの会議の開催回数は10回なのでCOP10と表現されています。

 新しい自転車でサイクリング

ところで、こうしたややこしい話をしたくて、このメッセージを書いたのではありません。

今年末にコペンハーゲンで開催されるCOP15の意義を世界中に知ってもらいたいということで、5月24日に日本駐在のデンマーク大使が安城市までお越しになります。そして、CO2発生量ゼロの自転車に乗ってPRをされることになったのを皆さんに知っていただきたかったということです。

デンマーク王国のフランツ=ミカエル・スキョル・メルビン大使はお若く、自転車に乗るのがご趣味なので、安城市では30kmくらいは走りたいということです。そんなわけで私も伴走役として、当日はデンマーク大使とともに自転車で走ることとなり、急きょスポーツタイプの自転車を購入することにしました。もちろん私費での購入です。

これまで時々借りていた娘の通学用自転車とスポーツ自転車とでは、ずいぶん使い勝手が違うことが分かり、現在のところ週末を利用してスポーツ自転車に乗る練習をしています。早朝ウォーキングや四季折々の山登りを続けてきたおかげで、かなりの長距離走行が可能と分かり自信を持つことができましたが、スポーツ用の固いサドルに長時間座ることによるお尻の痛みが、これから私の克服すべき大きな課題になっています。

颯爽と緑風に溶け込みたい。そんな願いを込めて週末ごとに練習を重ねています。特にこのゴールデンウィークでしっかり体を鍛え、デンマーク大使の隣を格好良く並走する市長の姿を、市民の皆さんに披露できることを夢見ています。

 

このサイクリング・ツアーには、一般市民の皆さんもご参加いただけます。詳しくはhttp://www.cop15.jp/をご覧ください。

かつては日本デンマークと呼ばれた安城市、今年1月にはデンマーク国内のコリング市と姉妹都市の締結をしました。福祉と環境政策の先進国で知られるデンマーク王国の大使とともに、5月の緑道を爽快に走りませんか。

 安城市長 神谷 学

過去のメッセージ

お問い合わせ

企画部秘書課秘書係
電話番号:0566-71-2201   ファクス番号:0566-76-1112