市長のページ

ここから本文です。

更新日:2013年6月20日

暴挙に負けない

統一地方選挙の後半戦、全ての候補者が自分の信念に基づく主義主張を訴えていたその最中、現職の市長が選挙運動中に至近距離から狙撃され、亡くなるという信じられない犯罪が長崎市で起きました。

志半ばで他界された長崎市長のご冥福を心よりお祈り申し上げるとともに、この事件によって言論の自由や民主政治が破壊されてしまうことのないように、強い意志を持って安城市政の運営に当たっていきたいと決意を新たにしています。

行政に対する暴力行為は、程度の差はあれ、私たち安城市政にも日常的に向けられている現実があります。

市長就任間もない私の市長室に大挙して押しかけ、連日のように大声を張り上げた集団がありました。また、窓口の担当者に怒声を浴びせ、自らの利益誘導を図ろうとする人物も、時折来庁していることがあるようです。

私たち安城市役所では暴力や圧力への対策として、行政暴力対応マニュアルを作成し職員研修を行っており、理不尽な要求についての情報を市役所内で共有するとともに、難しい事案については弁護士に相談し合法的な解決策を研究しています。また、明らかに暴力と認められる行為があれば、速やかに警察に連絡することはいうまでもありません。

行政に対する脅迫行為があった事実を恥として隠蔽(いんぺい)するのではなく、関係諸機関に情報を提供し、1つのケース・スタディーとして組織的に問題解決を図っています。こうした情報を公にしていくという姿勢が、陰湿な強要行為のあぶり出しにつながるものと考えます。

クリーンな行政運営や時代にかなった行政改革の断行は、多くの市民が望むものだと思います。しかし、その姿勢を貫くためには、さまざまな圧力に立ち向かう勇気が不可欠です。

市長を始めとする市役所職員の力は小さなものですが、良識ある多くの市民の皆さんの声を励みとし、関係機関のご協力をいただき、勇気を持って今後も理不尽な圧力に負けない市政運営を継続していくことをお誓い申し上げます。

安城市長 神谷 学

過去のメッセージ

お問い合わせ

企画部秘書課秘書係
電話番号:71-2201