市長のページ

ここから本文です。

更新日:2013年6月20日

なごやかな愛情

4月3日の月曜日、二本木小学校、作野小学校それぞれの分校となります「梨の里小学校」が、三河安城駅の北方、篠目町地内ののどかな梨畑の隣に開校しました。安城市内では二十一番目となる新しい小学校です。

三河安城駅周辺エリアでは、平成14年に三河安城小学校を開校したばかりなのですが、さらに梨の里小学校の開校をしなければ、既存小学校のマンモス校化に対応できないという状況にありました。

全国的に少子化が深刻になってきたといわれる状況にある中で、安城市は特異な社会環境に置かれていることを感じさせられます。

梨の里小学校テープカットの様子

梨の里小学校開校・テープカットの様子

この小学校が誕生するまで、本当に多くの皆さまのご理解とご協力をいただいてきました。貴重な土地を提供くださいました地権者の皆さん、地元の意見調整をしてくださいました篠目町内会や二本木連合町内会の皆さん。そして短期間のうちに無事故で施工してくださいました建設業者の皆さん。こうした多くの方々のご努力によって、梨の里小学校が無事に誕生しました。

この小学校は校舎内の段差をなくし、すべての児童に優しい構造になっている他、太陽光発電システムの設置、奥三河の間伐材使用など、地球環境にも配慮した校舎となっています。また児童を守るための防犯対策も、しっかりと施されています。

ただ、誕生したばかりの学校であり、すべての環境を整え終わったといえる状況になく、未整備な面もまだ残っております。市としましては、今後も通学路の整備など学校周辺の環境整備に力を入れ、地域の皆さんのご理解をいただきながら、よりよい学校に育てていきたいと考えています。

4月の中旬、小学校近くの梨畑では、白い可愛らしい梨の花がたくさん咲き誇ります。梨の花の花ことばは、「なごやかな愛情」です。多くの地域の皆さまのなごやかな愛情に育まれ、この学校と子どもたちが健やかに育ちますことを心より願っております。

安城市長 神谷 学

過去のメッセージ

お問い合わせ

企画部秘書課秘書係
電話番号:71-2201