総合トップ ホーム > 学ぶ > 図書館 > 第2回「安城市新美南吉絵本大賞」作品募集

ここから本文です。

更新日:2017年6月10日

第2回「安城市新美南吉絵本大賞」作品募集

目的第2回新美南吉絵本大賞募集

安城市では、郷土にゆかりの童話作家・新美南吉を顕彰するため、平成25年の南吉生誕百年を記念して「安城市新美南吉絵本大賞」を創設しました。

このたび、さらなる普及を目指し第2回安城市新美南吉絵本大賞を開催いたします。

大賞となった作品は、安城市が絵本として出版し販売するとともに、ブックスタート事業で赤ちゃんとその保護者にプレゼントします。

南吉の作品がより多くの人たちに親しまれ、子どもたちの健やかな成長につながる力作をぜひお寄せください。

募集作品

次の南吉作品の中から選んでください。(カッコ内は制作年)

各作品名のリンクをクリックすると、PDFファイルにて作品を見ることができます。

なお、童話は1作品で1冊の絵本としてください。
詩は1編または2編以上を組み合わせて1冊の詩の絵本とし、自由なタイトルをつけてください。

応募資格

小学生以上。

ただし、平成29年9月10日時点で、絵本の単行本を商業出版したことのない人に限る。

部門

こどもの部(小学生、中学生)、おとなの部

応募規定

  • サイズ:できあがりがA4版(297mm×210mm)以内
  • :14場面以内(本文28ページ以内、表紙と裏表紙などは別に作成)、場面割りは自由。
  • 画材・技法:自由。ただし立体、貼りつけは不可。
  • 文章:作品の文章は、簡略、改編などはできません。手書きまたは印刷物貼付等で本文中に文章を入れること。
  • 提出:原画をカラーコピーし、ホッチキスなどで簡単に製本して提出。(こどもの部は原画でも可)
  • その他:他者の作品の模倣とみなされた場合は、入賞決定後であっても無効となります。

審査員(敬称略)

長野ヒデ子(絵本作家)、さいとうよしみ(絵本作家)、後路好章(元児童書出版社編集長)、丹藤博文(愛知教育大学教授)、渡辺美智雄(第1回大賞受賞者、イラストレーター)、安城市教育長ほか

大賞

全応募作品の中から1点(賞金60万円、作品を絵本として出版)

優秀賞

おとなの部2点(賞金5万円)、こどもの部5点(図書カード1万円分)

入賞

おとなの部5点(賞金1万円)、こどもの部20点(図書カード5千円分)

学校賞

こどもの部の中から5校以内(賞金総額10万円)

応募

平成29年1月10日(火曜日)から9月10日(日曜日)までに
応募票と作品を、郵送(当日消印有効)または持参で安城市図書情報館(アンフォーレ内)

応募票

応募票は図書情報館(アンフォーレ内)市内各公民館などで配布している第2回安城市新美南吉絵本大賞のチラシの裏面に付属しています。
以下を印刷して応募票としても結構です。

第2回新美南吉絵本大賞応募票(募集チラシの裏面)(PDF:1,202KB)

郵送のあて先

郵便番号446-0032

愛知県安城市御幸本町12番1号

安城市図書情報館「第2回安城市新美南吉絵本大賞」事務局あて

応募に際しての注意

  • 応募票は安城市図書情報館(アンフォーレ内)、市内各公民館などで配布しているチラシの裏面に付属しています。
  • 作品については、上に記載した応募規定を遵守してください。

結果通知、表彰式

結果は平成30年1月末日までに入賞者全員に通知するとともに、安城市公式ウェブサイト、図書情報館ウェブサイト等を通じて発表します。

表彰式を平成30年2月17日(土曜日)午後2時から、長野ヒデ子氏の基調講演とともに、アンフォーレ(御幸本町)で開催する予定です。

その他

  • 大賞を受賞した人は、絵本の出版のため、原画の書き直しや書き足しなどをお願いする場合があります。
  • 大賞作品の著作権は主催者(安城市)に帰属します。
  • 応募は無料ですが、応募に関わる諸経費(材料費、郵送費等)はすべて応募者の負担とします。
  • 作品応募に係る個人情報は本事業以外には使用しません。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市民生活部アンフォーレ課図書サービス係
電話番号:0566-76-6111   ファクス番号:0566-77-6066