総合トップ ホーム > 学ぶ > 教育方針 > 全国学力・学習状況調査結果(平成25年度)

ここから本文です。

更新日:2016年10月28日

全国学力・学習状況調査結果(平成25年度)

  平成25年4月24日に小学校6年生と中学3年生を対象に実施された全国学力・学習状況調査の結果を分析しましたので、お知らせします。

 1調査への参加状況について

学校種別

校数

参加児童生徒数

小学校

21校

1,944人

中学校

8校

1,929人

合計

29校

3,873人

2教科に関する調査の結果から

全国学力・学習状況調査の対象であった小学校6年生と中学校3年生全体の状況を、全国公立学校全体の状況と比較して、教科別・区分別に「たいへんよくできている」「よくできている」「おおむねできている」「やや劣っている」「努力を要する」の5段階で示し、それぞれの教科で優れている内容と課題のある内容及び各視点からの分析結果を紹介する。

 

 <小学校6年生の状況>

国語A(主として知識)「努力を要する」

・5年生までに習った漢字を正しく書く力に課題がある。

・ことわざの意味や文章の定義の理解に課題がある。

・目的に応じて資料を読み、分かったことを的確に書く力に課題がある。

・接続詞を使って、内容を分けて書く力に課題がある。

・俳句の情景や広告を読み、編集の特徴を捉える力に課題がある。

国語B(主として活用)「努力を要する」

・目的や意図に応じ、必要な内容を適切に引用して書く力に課題がある。

算数A(主として知識)「おおむねできている」

・合同な三角形をかくために必要な条件や四捨五入して処理する方法の理解に優れている。

・割合、基準量、比較量の大きさの関係の理解に優れている。

・小数の加法や同分母の分数の加法の計算をする力に課題がある。 

算数B(主として活用)「よくできている」

・基準量・比較量・割合の関係から大小を判断し、その理由を記述する力に優れている。

・単位量当たりの大きさなどに着目して、2つの数量の関係の求め方を記述する力に優れている。

・示された式に数値を当てはめて計算し、計算の結果の大小を基に判断する力に優れている。

<中学3年生の状況>

国語A(主として知識)「おおむねできている」

・比喩を用いた表現の理解に優れている。

・語句の意味を理解して、文脈の中で適切に使う力に課題がある。 

国語B(主として活用)「よくできている」

・表現の仕方に注意して読み、その効果を考える力に優れている。

・文章の構成や表現の特徴を捉える力に優れている。 

数学A(主として知識)「たいへんよくできている」

・確率を求める力に優れている。

・空間における2直線の位置関係、証明の必要性と意味の理解に優れている。

・反比例のグラフ、二元一次方程式のグラフについての理解に優れている。

・三角形の合同条件、回転移動、平行四辺形になるための条件、多角形の外角の意味、錯角・同位角の理解に優れている。

・座標平面上にある点の位置を、2つの数の組み合わせで表す力に優れている。

・数の集合と四則計算の可能性、平均値の意味の理解に優れている。

・数量の関係や法則などを文字式で表す力、二元一次方程式の解の意味の理解、分数の情報計算の力に優れている。確率の意味の理解に課題がある。 

数学B(主として活用)「たいへんよくできている」

・問題場面における考察の対象を明確に捉える力に優れている。

・数学的な結果を事象に即して解釈したり、言葉で表された式の数学的な意味を考え、事象の式の意 味に即して解釈したりする力に優れている。

・事象と式の対応を的確に捉え、事象が成り立つ理由を説明する力、発展的に考え、予想して事柄を説明する力、事象を式の意味に即して解釈し、その結果を数学的な表現を用いて説明する力、事柄が成り立つ理由を、示された方針に基づいて説明する力に優れている。

・情報を言葉で表された式に基づいて処理したり、表から情報を適切に選択し、処理したりする力に優れている。

・事象を理想化・単純化して、事柄を数学的に捉え、他の事象との関係を考える力に優れている。 

 

3 質問紙調査の結果について(生活や経験について)

全国と比較して肯定的な回答(「している」「どちらかといえば、している」)をした児童生徒の割合が高いものと低いものの主なものを列記する。

 

小学校6年生の状況

・7時前までに起きる児童の割合が高い。

・普段(月~金曜日)、10時前までに寝る児童の割合が極めて高い。

・今住んでいる地域の行事に参加している児童の割合が高い。

・学習塾(家庭教師を含む)で勉強をしている割合が高い。

・家で、自分で計画を立てて勉強をしている児童の割合が極めて低い。

・家で、1時間以上勉強をする児童の割合が低い。

・国語の勉強の好きな児童や、国語の授業の内容をよくわかっている児童の割合が低い。

・普段(月~金曜日)、テレビゲームをやる時間が1時間以下の児童の割合が低い。

・家で、予習や復習をしている児童の割合が低い。 

  

中学校3年生の状況

・普段(月~金曜日)、6時半までに起きる生徒の割合が極めて高い。

・家で学校の授業の予習している生徒の割合が極めて高い。

・学習塾(家庭教師を含む)で勉強をしている割合が極めて高い。

・普段(月~金曜日)、1日に7時間以上の睡眠をとる生徒の割合が極めて低い。

・毎日同じ時刻に寝ている生徒の割合が低い。

・普段(月~金曜日)、1日に当たりのテレビゲームをする時間が1時間以下の生徒の割合が低い。

・難しいことでも、失敗を恐れないで挑戦する生徒の割合が低い。

・本を読んだり、借りたりするために、学校図書館・室や地域の図書館に行く生徒の割合が低い。 

 

4 学力と学習状況との相関関係から

・小学校において、学校から出された宿題をよくやっていると答えた児童の割合はとても高い。国語や算数における基礎的な事項の定着を図るには、家庭での学習習慣の定着を図り、繰り返し行うことが有効である。宿題の内容や生かし方を吟味するとともに、計画的に学習する習慣を身につけるために、家庭との連携を大切にする必要がある。宿題のみならず、家庭での学習習慣を身につけることで、中下位層の学力向上につながると考えられる。

・小学校国語「書くこと」の領域において、書く習慣をつける授業を実施している学校の割合が全国と比べて低くなっている。今後は、書く習慣をつける指導を充実する必要がある。

・中学校国語において「言語についての知識・理解・技能」を高めるには、読書の習慣をつけることも必要である。家庭や図書館で普段から30分以上読書する割合は全国に比べ低い。学校司書を活用することで、読書環境を整えていくことも重要である。

・中学校数学において、実生活と数学の関連について、生徒の意識は低い傾向にあり、授業でも取り上げる機会が少ない。実生活に関連させた教材を取り上げ指導の工夫改善を行うことにより、「資料の活用」領域の学力を高めていく必要がある。 

 

 

  

お問い合わせ

教育振興部学校教育課指導係
電話番号:0566-71-2254   ファクス番号:0566-77-0001