ここから本文です。

更新日:2015年4月17日

償却資産

固定資産税の償却資産とは

土地や家屋以外で、会社や個人で工場や商店などを経営している方が、その事業のために用いることができる有形の固定資産を償却資産といいます。

具体的には、構築物、建物付属設備、機械・装置、船舶・航空機、工具・器具・備品などの事業用の資産で、税務会計上損金または必要な経費に算入可能な資産が対象となります。

ただし、鉱業権・漁業権・特許権・その他の無形減価償却資産、自動車税・軽自動車税の課税客体である自動車などは償却資産には含めません。

償却資産を所有している方は、毎年1月1日現在の所有状況(資産の種類・取得価格・取得時期・耐用年数など)を、1月末日までに償却資産が所在している市町村に申告するように義務付けられています。

よくある質問

お問い合わせ

総務部資産税課償却資産係
電話番号:0566-71-2215