総合トップ ホーム > 暮らす > 市営住宅 > 各種手続のご案内

ここから本文です。

更新日:2015年5月7日

各種手続のご案内

市営住宅にお住まいの方にとって、必要な手続をご案内します。

主な手続のご案内

現在、市営住宅に住んでいない方を同居させたいとき。

  1. 事前に建築課までご相談のうえ、必要な書類を添えて「同居承認申請書」を窓口に提出してください。(添付書類については、相談時にご案内します。)
  2. 同居が妥当と認められるときには、建築課より「同居承認通知書」を交付します。(内容によっては承認できない場合もありますのでご了承ください。)
  3. 承認後は、同居後の世帯全員分の住民票を提出してください。
  4. 世帯構成の変化によって、家賃が変動する場合があります。

同居されている方に異動(出生、転居、転出、転居、又は死亡)があった場合

  1. 異動があった後、必要書類を添えて速やかに同居者異動届を提出してください。(添付書類については、建築課までお問い合わせください。)
  2. 世帯構成の変化によって、家賃が変動する場合があります。

連帯保証人を変更したいとき。

  1. 新しく連帯保証人になる方が、連帯保証人の要件に合致するか必ず確認をしてください。(連帯保証人の要件についてはこちらをご覧ください。)
  2. 建築課までご相談のうえ、「連帯保証人変更承認申請書」を提出してください。
  3. 新しい連帯保証人が要件を満たしていれば、連帯保証人変更承認通知書を交付いたします。また、契約の再締結が必要になりますので、契約書を2通、窓口でお渡しします。
  4. 直筆で署名し、実印を押印した契約書を、必要書類を添えて建築課までご提出ください。(署名、押印は名義人と保証人のものが必要です。)

 

名義人が死亡し、同居者が引続き市営住宅に住みたいとき。

  1. 速やかに建築課までご相談のうえ、必要書類を添えて「市営住宅承継承認申請書」を提出してください。(添付書類については、相談時にご案内します。)
  2. 承継(名義替え)の条件を満たしていれば、承継承認通知書を交付いたします。(内容によっては承認できない場合もありますのでご了承ください。)
  3. 契約の再締結が必要になりますので、契約書を2通、窓口でお渡しします。
  4. 直筆で署名し、実印を押印した契約書を、必要書類を添えて建築課までご提出ください。(署名、押印は名義人と保証人のものが必要です。)

 市営住宅に手すり等の工作物などの設置を行いたいとき。

  1. 事前に建築課までご相談のうえ、製品のカタログや工事の概要がわかる図面を添付し、「工事承認申請書」を提出してください。
  2. 支障が無ければ、建築課より工事承認通知書を交付します。(内容によっては承認できない場合もありますのでご了承ください。)
  3. 承認後に初めて工事が可能となります。工事完了後に「工事完成届」を提出してください。

 市営住宅を退去したいとき。

  1. 退去予定日の15日前までに「市営住宅返還届」を建築課までご提出ください。その際に、敷金還付の手続、日割家賃の計算を行います。
  2. 退去予定日に、建築課職員が住宅に訪問し、入居者の立会いの下で退去検査を行います。問題が無ければ退去完了となります。

お問い合わせ

建設部建築課市営住宅係
電話番号:0566-71-2240   ファクス番号:0566-76-1112