総合トップ ホーム > 暮らす > こころの健康づくり

ここから本文です。

更新日:2017年4月1日

こころの健康づくり

現代社会は緊張の連続で、私たちは気づかないうちにさまざまなストレスをためています。それによって、こころや身体にいろいろなトラブルが生じる場合があります。

こころの病気の中で最も多いのは「うつ病」

誰でも悲しいことや失敗を体験すると落ち込んだり憂うつな気持ちになります。これはいわゆる「うつ状態」と言われるもので、時間が経てば元に戻ります。しかし、このような気持ちが長く続き、生活に支障が出てくるような場合はうつ病が疑われます。

うつ病は、「風邪」と同じように誰でもかかる可能性がある病気であると言われています。

また、治療を受けず症状が重くなると治りにくく、再発を繰り返す病気です。

うつ病はどうして起こるの?

うつ病の原因はまだはっきり分かっていません。しかし、こころの不調は突然発症するのではなく、過剰のストレス状態にさらされることで引き起こされます。過剰なストレス状態でうつ病になるかどうかは、個人の性格や体験、行動パターンや環境などによって違います。

 

気づこう!見つけよう!

自分で見つけるために

うつ病の予防や早めに気づくためには、「いつもとなんだか違う」ちょっとした変化を捉えることが必要です。体だけでなく、こころの健康管理にも関心を持ちましょう。

本人が気づくサイン

  • 悲しい、憂うつ 沈んだ気分 つまらない
  • 好きだったことが面白くなくなる 楽しめない 喜べない
  • 疲れやすい 元気が出ない 食欲がない
  • やる気が出ない 集中力が落ちた 決められない
  • 寝つきが悪い 朝早く目が覚める、夜中に目が覚め眠れない
  • 心配事が頭から離れず、考えが堂々めぐりする など

大切な人や仲間を守るために

自分自身で気づく事ができれば、問題が深刻化する前に対処することもできますが、ストレス状態の渦中にいる本人ではなかなか気づく事ができず苦しんでいる人が多いのが現状です。このため、周囲の人が気づきサポートすることは、うつ病予防に大きな効果があります。

家族や職場の身近な人の様子に日ごろから関心を持ちましょう。

周囲の人が気づくサイン

  • 以前と比べて表情が暗い 元気がない
  • 体調不良の訴え(からだの痛みや倦怠感)が多くなる
  • 仕事や家事の能率が低下、ミスが増える
  • 周囲との交流を避けるようになる
  • 遅刻、早退、欠勤(欠席)が増加する
  • 急にずぼらになったように見える(身だしなみをかまわなくなる)
  • 趣味やスポーツ、外出をしなくなる など

うつスクリーニングのための質問

もし、こころの不調のサインに気づいたら、次の2項目にあてはまらないか確認してみましょう。

うつ気分

“2週間以上、いつも憂うつな感じがしたり、気持ちが沈んだりすることが続いていませんか?”

意欲の減退

“2週間以上、いろんなことに興味をなくしたり、以前は楽しめていたことが楽しめなくなっていませんか?”

 

この2つに当てはまる人は、うつ病の可能性が高いといえます。

「大丈夫」「ちょっと疲れているだけ」「すぐに良くなる」という思いもあるかもしれません。しかし早めの治療が重症化を防ぎます。どうも不調が続いていると感じたらそのままにせず、早めに精神科(神経科)や心療内科などのこころの専門医を受診し相談するようにしましょう。治すための近道です。

まずは、うつ病が自分や誰にでも起こりうる病気であることを私たち1人1人が認識し、早期にうつ病の症状に気づく事が大切です。

  • 地域には、こころの健康に不安を持つ人のための相談窓口があります。
    詳しくは、広報毎月15日号「健康ガイド」をご覧ください。
  • こころの健康づくりに関する情報については、衣浦東部保健所においても提供しています。提供内容は、こちら(外部リンク)でご覧いただけます。

よくある質問

お問い合わせ

子育て健康部健康推進課
電話番号:0566-76-1133   ファクス番号:0566-77-1103

安城市保健センター