総合トップ ホーム > 暮らす > 高齢者福祉サービス > 福祉用具・器具の給付

ここから本文です。

更新日:2017年10月30日

福祉用具・器具の給付

高齢者用の福祉用具を給付または貸出ししています。

高齢者用つえの給付

サービス内容 歩行支援用のつえを給付します。
利用対象者 おおむね65歳以上で歩行に支障のある人
手続き

本人又は家族が申請書を窓口へ提出してください。(本人自署の場合以外は印鑑必須、郵送での申請可)

窓口での申請後すぐお渡しできます。

窓口 高齢福祉課高齢福祉係
地域包括支援センター
福祉センター(外部リンク)
費用負担 無料

自動消火器の給付

サービス内容 自動消火器を取り付けます。
利用対象者 70歳以上の所得税非課税でひとり暮らし高齢者(認定者)
手続き

本人又は家族が申請書を窓口へ提出してください。(本人自署の場合以外は印鑑必須、郵送での申請可)

窓口 高齢福祉課高齢福祉係
費用負担 無料※取り外し、廃棄は自己負担になります

住宅用火災警報器の給付

 

サービス内容 住宅用火災警報器を取り付けます。
利用対象者 65才以上のひとり暮らし高齢者(認定者)、身体障害者手帳1~2級又は療育手帳A判定を所持している人で、これらの手帳の交付を受けていない18歳以上65歳未満の人と同居していない人
手続き

本人又は家族が申請書を窓口へ提出してください。(本人自署の場合以外は印鑑必須、申請書郵送可)

窓口 高齢福祉課高齢福祉係
費用負担 無料※取り外し、廃棄は自己負担になります

 

緊急通報装置

サービス内容 緊急通報装置を電話回線に取り付けます。
利用対象者 ひとり暮らし高齢者(認定者)でおおむね75歳以上の人、65歳以上で要介護1以上の認定を受けひとり暮らしである人、ひとり暮らしで疾病のある人及び心身に障害のある人、65歳以上の高齢者のみの世帯で本人若しくは世帯員のいずれかが要介護1以上の認定を受けている人
手続き

本人又は家族が申請書を窓口へ提出してください。(本人自署の場合以外は印鑑必須、郵送での申請可)

窓口 高齢福祉課高齢福祉係
費用負担 無料

徘徊高齢者家族支援(所在確認用端末の貸出(GPS))

 

サービス内容 徘徊のみられる高齢者が所在不明となっても居場所がわかる所在確認用端末をお貸しします。
利用対象者 市内に住所を有する在宅の徘徊高齢者を介護している人
手続き

市内に住所を有する在宅の徘徊高齢者を介護している人が申請します。
本人が申請書を窓口へ提出してください。(本人自署の場合以外は印鑑必須)
申請後、GPSの手配をしますので、受け取りに再度窓口へ来ていただく必要があります。
また、現場急行料が発生した場合のため、引き落とし口座番号が必要です。(GPS受け取り時で可)

窓口 高齢福祉課高齢福祉係
費用負担 貸出し・位置情報の提供は無料。現場急行料は1回午前1時間につき10800円(利用者負担)

 

介護支援ベットの貸与

サービス内容 手すり付ベットを貸与します。(電動ベッドではありません。)
利用対象者 要介護認定者(要支援1・2及び要介護1)又は退院等により介護を必要とする高齢者で、市民税非課税世帯の人
手続き

本人又は家族が申請します。(本人自署の場合以外は印鑑必須)
申請書に介護支援専門員又は地域包括支援センター職員による署名及び必要理由の記載が必要のため、各担当にご相談ください。

窓口 高齢福祉課高齢福祉係
地域包括支援センター
費用負担 月額324円

 

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉部高齢福祉課高齢福祉係
電話番号:71-2223