避難情報の種類と内容
大雨や洪水等の災害時には河川管理者から、気象情報・洪水予報 (注意報・警報)等のいろいろな情報が提供されます。

情報の伝達方法
気象情報・洪水予報(注意報・警報)は次のような経路で市民のみなさんに伝達されます。
名古屋地方気象台
気象予報(大雨注意報・警報など)
国土交通省・愛知県
洪水予報・土砂災害情報
報 道 機 関
安城警察署
安城市役所
(災害対策本部)
TEL 0566-76-1111
安城消防署
警鐘・サイレン
情報端末 (インターネット ・メール)
テレビ・ラジオ
パトカー
市の広報車
消防車

避難勧告等に関する事項
水害の恐れがあるときは、市から避難準備情報や避難勧告、避難指示が発令されますので、これらの情報に十分注意しましょう。
種類
避難準備情報
避難勧告
避難指示
よびかけ
内 容
今後大雨が続くと、洪水・土砂くずれ発生の危険があります。避難が必要となることがありますので、避難準備をすすめてください。



河川の水位が増えています。
堤防の決壊の恐れがあります。
避難所への避難を始めてください。
河川の水位増加は、堤防の決壊や 氾濫により重大災害を発生させる危険な状態にあります。ただちに、避難所へ避難してください。
市民のみなさん
がとるべき行動





テレビ・ラジオの気象情報、矢作川洪水予報、市役所からの避難情報に注意する。
土砂くずれや河川・排水路の増水に注意する。
避難の準備を進める。特に、災害危険度が高い地域、お年寄りや小さなお子さん、体の不自由な方のいらっしゃるご家庭では、避難準備を早めに進める。

避難所への避難を始める。
避難情報が地区全体に伝わっていない場合も考えられるため、避難時には、声を掛け合い、助け合って避難する。





まだ避難が完了していない方々は、避難所へただちに避難する。
避難時は浸水箇所や土砂災害に注意する。
単独での避難は危険、となり近所で助け合い、グループで行動する。

(c)2007 Anjo All Rights Reserved.
各ページに掲載されているデータの無断転載を禁じます