総合トップ ホーム > 暮らす > 防災・防犯・交通安全 > 平成30年7月豪雨による被災地支援等のために使用する車両の取扱いについて

ここから本文です。

更新日:2018年8月1日

平成30年7月豪雨による被災地支援等のために使用する車両の取扱いについて

災害派遣等従事車両証明書の発行

被災地救援等のために使用する車両の有料道路が無料になる証明書を発行しています。

対象となる車両は以下の通りです。(※岐阜県についてはこちらでご確認ください。)

  1. 自治体等からの要請により、被災者の避難所又は被災した県市町村の災害対策本部(物資集積所を含む)へ救援物資等を輸送するための車両
  2. 自治体等からの要請により、被災地の復旧・復興にあたるための物資、人員等を輸送するための車両
  3. 自治体が災害救援のために使用する車両
  4. 災害ボランティア活動であって、被災した自治体等が要請又は受入承諾したものに使用する車両
証明書を発行できるのは平成30年9月30日(日)までです。(平成30年8月1日現在)

岡山県

広島県

愛媛県

兵庫県

 岐阜県

  • 対象となる車両は以下の通りです。

   1.自治体が災害救援のために使用する車両(県内全域)

   2.災害ボランティア活動であって、被災した自治体等が要請・受入承諾したものに使用する車両(※岐阜県関市内のみ)

 京都府

高知県

  

  • 証明書は、精算する料金所ごとに、車両1台ごとに1枚必要です。
  • 出入口とも一般の料金所を利用し、入口では通行券を受け取り、出口では料金所で証明書と通行券を提出してください。(ETCレーンの利用はできません)
  • 証明書の発行には日数を要するため、余裕をもって申請してください。(出発日の1週間前までに申請)
  • 証明書交付後に高速道路のルートや日時を変更する場合は、証明書の変更手続きが必要となります。そのため、必ず確定したスケジュールで交付申請してください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市民生活部危機管理課危機管理係
電話番号:0566-71-2220   ファクス番号:0566-76-1112